もとしたいづみ は どうした!

作家もとしたいづみ の 働きっぷり
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

160302_1130~01
梅も桜も咲いている。

160302_1130~020001


160302_1058~01
家の中の桜も満開。
これ、なかなか散らないし、散らないまま
緑の葉が出ていて、長いこと楽しめる
500円のサービス品とは思えない桜。
毎年、桜は買ってしまうなあ。

160301_1253~01
先週は二女の高校の卒業式があった。
振り返れば娘が見える、という席に座り
ときどきピースサイン交換をしながら見物。
卒業式は見物とは言わないか。

それにしても振り返るたび、娘は爆笑している。
何がそんなにおかしいのか。

皆勤賞の発表では生徒と、そして親も起立する
というのにたまげながら、あんまり退屈なので
立ってやろうかと思った。
ふわああっと立って、すうっと座って、また立って
なんてのがいいだろうかと思ったり。
でも私の知名度が低すぎて、笑いは取れないと判断し
やめましたが、それをあとで娘に話すと
彼女も立とうと思ったそうだ。
これはおそらく親以外、生徒、先生は爆笑したであろう。
笑いがとれるというのは、遅刻の日数が目を剥くほど
という実績あってのこと。

遅刻せずに教室に入った日、友達が
戸惑いながら
「え! あの、ち、遅刻は?」
と聞いた、とか
朝練が早く終わったので教室にいたら
一番乗りの子が「きもっ!」と驚いた、とか
まあ、私もそれで何度呼び出されたことか・・・。

無事、卒業できてなによりでござんした。
しかし卒業しても部活には通っている。
【 2016/03/06 】 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する