せつぶん

狂言えほん せつぶん狂言えほん せつぶん
作:もとした いづみ / 絵:野村 たかあき出版社:講談社絵本ナビ


恵方巻は江戸時代、御大尽の卑猥な遊びを
大阪の海苔屋が、そして近年では某コンビニが
商売に利用したと言われるが、
バレンタインなんかもお菓子屋が仕掛けたものだし
そういうのに乗るのが日本人は好きなのか
あんまりよく考えないで、あら、そうなの?
みんなやってるの? だったらうちも・・・
なんてのを今、安倍らはちょろいもんだぜ
と、利用しているのだろうなあ。

今日は恵方巻に並ぶ行列を随分見た。
何故ここに? という売り場にも恵方巻が出現していたなあ。

そしてついでにチョコ売り場もチェックした。
バレンタインに向けて、というよりも
みなさん明らかに自分のために買っている様子。
チョコのアイスなど食べられるコーナーの混雑ぶりが
すごかった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム