そういえば

151008_1620~01
以前、住んでいたとこシリーズ
を最近、忘れていた。
駅のホームに佇み、そうだ! あそこに住んでいたことがあった!
と思い出した。

ガラケーでアップにしてみた。
なにしろ向こうのホームの向こうにある
小さなマンションなのでよく見えない。
151008_1621~01
最上階、5階の向かって左側だったと思う。
下の階に姉妹のおばあさんズが住んでいて
ときどき「燃えてる!」と119番通報するので
消防士がやってきて「一応確認させてください」と
家の中や、ベランダなどを見に来た。

『おばけのバケロン』シリーズに双子のおばあさんが出てくるが、
たぶんそれを思い出したのだろうと思う。違うかな?
「奥様は18歳」の富士真奈美かなあ?
あ、「奥様は魔女」の隣のおばさんかもな。
「あーた! あーた!」と騒いで、夫がやっと見に行く頃には
なんの以上もない、というの。
そうだ、あれが強いな。

というふうに、物語の登場人物は
今までに出会ったり、見たことのある人が
知らない間に合体してりして出来上がるんだと思う。

おばけのバケロンおばけのバケロン
作:もとした いづみ / 絵:つじむらあゆこ出版社:ポプラ社絵本ナビ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム