大手町

大手町の駅の全体像がつかめない。
乗り換えがすんなり行くこともあるが
行けども行けども乗り換えの改札に
たどり着けないことが・・・いや、
あんまりなかったかも。それは有楽町や日比谷だったっけ?

とにかく最近は、大手町の駅のホームに降り立つなり
工事現場の中に入りこんでしまったような気分になる。
最近でもないな。結構長いよね。

150826_1330~01
東京駅に行くなら、走れ! とでも言われているような
こんな矢印が多いのが大手町で、
のんきにこんな写真を撮っていたときは良かったが
暗い工事現場から、ふっと真新しいビルに入り
へえ、こんなのができたのかと思っていると
また工事現場に入る。

こんなに歩いたんだから
一駅歩いちゃってるよね、さすがに。
えーと、さてさて、何駅だ? と見れば
まだ大手町だ。

家から走って飛び乗った電車で、あら、時間間違えてた。
1時間前に着いちゃうわ、と余裕だったからよかったけど。

ちなみに駅構内はこんな感じらしい。

でも、もっと遠回りしたと思う。
登ったり下りたり、曲がったり、また曲がったり
ビルの地下街に入ったり(ああ、ここ、懐かしいな
と思い)、またビルの地下街を通り(まだあったのか!
と驚き)、これは出来立てのビルだねと眺めたり
やれやれ、やっと着いたよ、と入った改札が半蔵門線で
また出たりなんかして、たどり着いた千代田線の改札は
まだ大手町の駅だった。

ここはさあ、もう違う名前の駅にしようよ。
同じ駅だと名乗るのに無理があるんじゃない?

そしてようやく電車に乗って、二つ先の駅で降りて目的地に行ったら・・・
ボーゼン・・・時間を勘違いしていた。
いやいや、こんなとこまで来て、どうしたもんだか、と
雨の中、しばし近辺をうろうろして
うーん、うーん・・・そだ! 
このままてくてく歩いて三菱一号館美術館に行こう!
観ようと思っていた暁斎展が9月6日までだった。

150826_1455~01

いつになくじっくり見て、併設のカフェ
ここ数日ひどく食べたかったサクサクのアップルパイを食べて

150826_1603~01
なんか・・・写真は豚の挽肉みたいだけどアップルパイです。

さあ、丸善で児童書コーナーをチェックして
大手町から電車に乗ろう! と
今度は間違えようのない直線コースを歩くが・・・・
歩くが・・・・あれ? 丸善は? あれれ?
ない?

でも、こんな甲冑の並ぶコーナーがあった。
150826_1644~02
なにこれ?
150826_1644~01

そうして狐につままれたような気分で大手町から電車に乗った。

大手町→大手町の乗り換えは、日比谷→東京→大手町より
歩いた気がした。
霞が関でも似たようなことがたびたびあるのだけど
たぶん大手町の方がたちが悪い。

150826_1936~01

もしやこれは全て暁斎の術か?(だとしても一体なんのために?)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム