あつい 

2015, 07. 27 (Mon) 23:21

暑い。ものすごく暑い。
正午近く、外を歩いていると
もうなんだか焚火に包囲されながら歩いているような、
キャンプファイヤーでマイムマイムを踊りながら
マイマイマイマイ、マイムベッサッソン!
と焚火に近づいたような熱さ。
あれをマイムベッカンショだと思っていた。
別館所?
しかしあんな陽気な踊りを意味がわからないまま
「へい!」「へい!」なんて雄たけびをあげて
よくまあ日本の児童が先生の指導により踊っていたものだと思う。

暑すぎて、考えることもちょっとおかしくなって来た日には、
浅草のフルーツパーラーゴトー
芸術的でありながら素晴らしくおいしく
かつ、全く体に負担のない旬の果物のパフェを食べるか
(ああ、久しく行ってない。行きた~い!)

めかくしおにめかくしおに
作:もとした いづみ / 絵:たんじあきこ出版社:ほるぷ出版絵本ナビ

を読んで、ぞぞっとするか、が正しい過ごし方だ。

ここで、絵本『めかくしおに』のできるまで
を読むことができます。

今、調べたら「マイムマイム」はイスラエル民謡なんだそうだ。
「オクラホマミキサー」はアメリカ民謡。
「ジェンカ」は坂本九の歌かと思ったら
フィンランド民謡だって! 「レッツキッス 頬寄せて」なんて
そういえば当時の日本人にはあまりに大胆な歌詞だものなあ。
これはもう体が覚えているので、踊れちゃうぞ。
暑くて暑くて、あまりにも暑くて耐えきれず
腰に手をあてて(最前列の人として)
ジェンカを踊りながら道をゆくおばさんがいたら
それは私です。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント