よろしく紀伊国屋札幌

そしてやっとここに到達しました。
紀伊国屋書店の児童書コーナー。
150518_1144~01
『おむかえまだかな』がありました!
そして・・・
150518_1147~01
『うらない☆うららちゃん』の新刊発見。
ここ、作家のサインがけっこうあるなあ。
あ、田中六大さんの色紙もあるぞ!
みなさんけっこう来てるのね。
ふと下を見ると、棚ざしになっている
『うらない☆うららちゃん』の1巻目が。
そっと隣に置いて逃げました。

やはり札幌在住、北海道在住の作家さんの棚が
充実してたなあ。

札幌では、千秋庵の、この缶がほしくて
こんなにバター飴食べないよなあと思いながら
買いました。
150520_1626~01
飴の形も熊なのだよ。
150520_1627~01
かわいい。

150520_1021~01
札幌在住の友達から山のようなプレゼントをもらい
その中に入っていた札束。
見るなり爆笑し「わ、私これ、前に気に入って友達に配ったわ」
と言うと
「天下の回りものだから!」
「これが回ってきても・・・」
と涙を流しながら爆笑した。

一万円札を払うとき「愛してるよ!」と
お札に別れを告げると、1万円札が帰ってくる
と聞き、実践したことがあった。
二日間ほどだったけど。(すぐに忘れた)

本物のお札は戻ってきた感全くなしだが
そうか、おまえが戻ってきたか。
ううむ。
私はこれ、京都の出町柳のお菓子屋で買ったのだったが
札幌で戻ってくるとは。
江戸の敵を長崎で討つ、みたいな?
(まったく違います)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム