きょうも 

2012, 03. 28 (Wed) 21:49

今日も打ち合わせのあと、ジュンク堂新宿店に寄る。
きょうの「き」。

昨日も今日も木には
奇妙な着物を着た金髪のキツツキが来ていると
茸から聞いた。
(『あかさたなっちゃんのはつおんえほん』より)

空っぽの棚を見ているうち、妙に人恋しい気分になり、
カフェで行われていた人の絵本の打ち合わせに乱入する。
特に親しい人たちではなく、編集者さんとは一度も仕事をしたことがなく、
絵本作家さんに至っては土曜日が初対面だ。
厚かましいにもほどがある。

土曜日、そこで絵本の読み聞かせるするとき
書棚を見ながら「どの本にしようかなあ?」と考え
そうだ! 石井聖岳さんがいるのだから
『ふってきました』を読まなくちゃ!
と選らんだのだったが、私の次に山本孝さんが
『むしプロ』を読んでいるのを見て
「あー! そうだ! 山本君との絵本
『がっこういこうぜ!』も読むべきだった!」

がっこういこうぜ! (えほんのぼうけん33)がっこういこうぜ! (えほんのぼうけん33)
(2011/11/30)
もとした いづみ・作/山本孝・絵

商品詳細を見る

と悔やむ。そして山本君の妻である
青山友美さんの背中を見て
「だったら、友ちゃんとの絵本『しどうほうがく』も
読むのが筋ではないか!」
狂言えほん しどうほうがく (講談社の創作絵本)狂言えほん しどうほうがく (講談社の創作絵本)
(2007/08/23)
もとした いづみ・文/青山友美・絵

商品詳細を見る

と、身もだえした。
有能な若者たちと仕事ができて、私は実に果報者である。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント