猫とワタシ

もとしたいづみ は どうした!

作家もとしたいづみ の 働きっぷり

この記事のみを表示する息継ぎ

未分類

150617_1656~01

「雨か・・・」と大変な不幸のように言う人がいるけど
私は雨の日も結構好きだ。

発売になってそろそろ半年。
26420919_1[1]
アマゾンでは、ひこ・田中さんが発売と同時に
温かいカスタマーレビューを書いてくださったまま
誰もその後のレビューを書いてくれることなく
しーんとしている。
読んで!!

これは一息に、だーっと書いたので、すごく楽しかった。
最初はいかにも「一息」らしく、文章が途切れず続いていて
息継ぎができないような窒息物語だったっけ。
(本人はわりと快感なのだが)
それを分解して分解して、このようになりました。

読み聞かせを意識すると、当然息継ぎは大切だ。
「歌」の息継ぎというのも同じく重要だが
久々に合唱をやって「そうだ! 交換ブレスってのがあったんだ」
と思い出した。
それぞれが違うところで息継ぎをして
全体は途切れない声のようになる合唱ならではの技だ。
チームワークだよねえ。
本来なら集団行動が苦手なわたくしですが、
でも何故かこれはすごく楽しい
合唱の演奏会の練習及び、本番のために
帯広に行ってまいります。(またー? の声が聞こえる。ごめんごめん)

誠に勝手ながら27日出発、5日戻りなので
途中、メールチェックなどできない場合
連絡が取れません。
もし何かあれば、携帯にご連絡ください。

そしてしつこいですが、
PCのアドレスは gmail
携帯の方はezwebです。
かつてパソコンのアドレスだったjcomは
現在使っておりません。

この記事のみを表示するStaRt

未分類

ここでもたびたび紹介している
Ⅿrs. GREEN APPLEの人気は
メジャーデビューを目前にひかえて
うなぎのぼりだ。
新たなショートムービーをアップしてしまおう。
爽やかで良いですぞ。


見れば見るほど、ボーカルの大森くんが
中学時代にもしできたばりの演劇部にいたなら、
うちの次女は3年のときだけでなく
2年のときも全国大会に行けたんじゃないかと思うが
ま、演劇はキャストだけの力じゃないしね。
にしたって彼はそのうち俳優として活躍することも予感させる。

世間的には受験生だが、もう全くもって相変わらず演劇だけの娘だが
クラスメイトがオープンキャンパスに忙しい土日も
公演や、自分のとこのオープンキャンパスで
行くことすらできない。
そんな中、演劇部ではないが、俳優志望の友達が
志望校のひとつである大学のオープンキャンパスで
映画学科の学生が作った映画を観たそうだ。
「どうだった?」と聞いた娘に彼女は
「詳しくは学校で話す」として、
「しかし、良くも悪くも学生映画」
って。

ま、そうでしょうけどね。
彼女は映画が好きで、しかも大好きな監督がいて
彼の映画に出るのをひとつの目標にしているそうだ。
子役として、ドラマなどテレビのレギュラーも
持っていたので、映画や舞台を見る目はなかなか厳しい。
のだが、それを差し引いても、そうだ
自分たちより年下に向けて、という意識は
ときどき傲慢になってしまうことがあるものだ。
常に謙虚でなくてはならない。
私も気をつけよう。。。とこっそり思った。

この記事のみを表示する君にお勧めのお話

未分類

younen_ohanashi_sp[1]
こんなチャートができていた!

もし、頭に乗せるなら、どっちがいい?

バケツなら
スプーン王子のぼうけんスプーン王子のぼうけん
作:竹下 文子 / 絵:こばようこ出版社:鈴木出版絵本ナビ


ちょんまげなら
すっぽんぽんのすけ ひかる石のひみつすっぽんぽんのすけ ひかる石のひみつ
作:もとした いづみ / 絵:荒井 良二出版社:鈴木出版絵本ナビ


たぶん子どもは真剣に悩むのではないかと思われる質問だ。
かなりの子が「ちょんまげってなあに?」と聞くのではないだろうか?

でも、どちらを選んでも面白いよ!
って、まだ出たばかりの『スプーン王子のぼうけん』は
読んでいないのだけど、これから読みますっ!

この記事のみを表示する花のいのちは

未分類

150618_0739~01
翌日のサボテンの花。
花のいのちは短くて、あんなに瑞々しく咲いていたのが
夢のようだ。

花のいのちは短くて、苦しきことのみ多かれど

は、林芙美子の詩の一部で、
色紙に好んでこのフレーズを書いたそうだけど、
何もこれじゃなくていいんじゃないだろうかと思う。

風も吹くなり
雲も光るなり
生きてゐる幸福は
波間の鴎のごとく
漂渺とただよい

生きてゐる幸福は
あなたも知ってゐる
私も知ってゐる
花のいのちはみじかくて
苦しきことのみ多かれど
風も吹くなり
雲も光るなり

東京新聞で月に一度連載している
瀬戸内寂聴のエッセイがスリリングで楽しみだ。
今週は林芙美子の「放浪記」をめぐる話がなかなかすごくて、
森光子のスキャンダルも面白かった。
いいのか? こんなこと書いちゃって。

友人が先日「私が瀬戸内寂聴のように
エロ暴露話などを自慢げに語りだしたら
ぼけてる証拠だから全力で止めてね!」
と手を握ってきた。

でも、それが面白かったら、
私に止める権利はないなあ・・・
と思いながらにやにやして曖昧に頷いておいた。

この記事のみを表示するショーケース

未分類

そういえば今はあまり
飲食店のショーケースを見ない。

合羽橋の食品サンプルなんか、売れてるんだろうか?
ときどき、ショーケースの存在を忘れているんだろうなあ
という古い店を見かける。
埃を被った灰色の蕎麦や、灰色の親子丼。
上の棚にはこけしとか、お土産小物など。
ほとんど物置になっていたり。

昨日見かけたショーケース。
150617_1408~01
下はわんこそばだと思うが、
例えばわんこそばを知らない人がこれを見たら
どう思うのだろうか?

150617_2239~01
昨日、いただいたライチの実。
沖縄の家の庭になっていたそうで
八百屋に売ってる中国産のか
冷凍のしか知らなかったので
食べてみて、あまりのおいしさに感動!
香りが違う!
150617_2242~01

数珠や羽根つきの玉の部分にされていたという
ムクロジに似てるなあと思ったら、
ライチってムクロジ科なんですね。

この記事のみを表示するサボテンの花、オープン

未分類

昨日のサボテンのつぼみが開いた。
150616_0912~01
サボテンの鉢がいくつかあるが、
ときには鮮烈な赤い派手な花を咲かせてみたり

150616_0911~01
こんな可憐なピンクの花であったり。

150616_0911~02
いずれにしても汚い長屋に何故か一人、
美しい娘、のような掃き溜めに鶴感を抱く。本人なんだけどね。

ものすごくこじつけだが、花が一斉に咲いて
わ~~~~~というような(どんな説明じゃ!)シーンが出てくる
幼年童話。この「あかちゃん○○」シリーズは
絵のいちかわなつこさんの絵が、ほんとにかわいい。

あかちゃんライオンあかちゃんライオン
作:もとした いづみ / 絵:いちかわ なつこ出版社:ポプラ社絵本ナビ


さて、サボテンの花が翌日どうなったかは
また明日!

この記事のみを表示するさぼてん

未分類

150615_1011~02

普段、地味な存在で、水もあまりやらず
うっかりチクリとされるのを避けて
あまり見ないでいるサボテンが、
ときどきぎょっとさせてくれる。

仙人掌という字に納得する時期。
翌日の様子はまた明日!

今日、誕生日が一日違いの友人と
誕生祝いランチをした。同い年おめでとう!

体調や近況など報告していたのだが
突然、ある俳優の名前が出て来ない。
うううううう。なんだっけ? あれ、よね?
うんうん、そう、あのドラマに出ていた・・・えーと
名前が何故か思い出せない。
有名なドラマも思い出せない。
で、ま、その名前が思い出せない俳優、
その人が・・・なんだっけ? なんの話だっけ?
えーと、どこまで戻ればいいんだ?
戻るところがもうわからない。
胡散霧消とはこのことか。

で、全く違う話をしているとき
「堺雅人!」
彼女が急に思い出した!

すっきり! したような気がしないのは何故か・・・
思い出せない。

夕方、家に着く寸前、急に「半沢直樹」が出て来た。
降ってきたという感じ。
思い出そうとして出てきたのではなく、
ふいに出てくるのが、「思い出した感」に乏しい。
そうか、これが思い出せなくてすっきりしなかったのか。

家に着いてメールを開くと彼女から
「半沢直樹だ!」と来ていた。

このふたつを思い出すのに5時間。

ランチしたお店になぜか高々とこの2冊が
展示されていた。
え、なんで? と思ったのだが、お店を出た途端に忘れた。
今、思い出した。
なんで? と思ってから思い出すまでちょうど10時間。
ふってきましたふってきました
作:もとした いづみ / 絵:石井 聖岳出版社:講談社絵本ナビ


狂言えほん ぶす狂言えほん ぶす
作:もとした いづみ / 絵:ささめや ゆき出版社:講談社絵本ナビ


じりじり焦ったり、どうしてどうして? と悩んだりせず
自然に寝かせておけば、だいたい5時間や10時間で
何かが動きだすのかもしれない。
年をとると、新しい機械だと思って付き合う必要があるのかな。

この記事のみを表示するあれは何だ?

未分類

150615_1813~01
沈む太陽をふたつに割ったような・・これは飛行機雲?

150615_1857~01
太陽が沈み、龍がゆらあっと登っていくような柔らかい線を描いていた。

空を見ろ! 鳥だ! 飛行機だ! 
でお馴染みのた・・・た・・・・たけちゃんマン、ではなく
『たなばたセブン』を、読み聞かせしたいという
連絡がちょうど入った。

たなばたセブンたなばたセブン
作:もとした いづみ / 絵:ふくだ いわお出版社:世界文化社絵本ナビ


そうか。梅雨に入り、今度は七夕か。
ふくだいわおさんには、今、セブンシリーズ
ええと・・・何作目だっけ? にとりかかって
いただいております。

七夕、節分、お正月、と来て、4作目か。
よろしくお願いします!

この記事のみを表示する雑誌広告

未分類

150614_2144~01
若い女性向けの雑誌をぱらぱらめくっていたら・・・
(長女が買った雑誌です)あ! 樋上さんだ!
来月、個展があるのでまた改めてご案内します。

次女が、「樋上さんタロットの絵を描けばいいのに」
とつぶやいていた。

この雑誌、さらにめくっていると、あれま!
150615_1816~01

雑誌は広告が取れず厳しい時代だが、そうか、でも
何はともあれ、とりあえず自社の広告なのか。
やはり雑誌は広告なのだなあ。

この記事のみを表示するゆるキャラと喫茶店と珈琲

未分類

150612_1201~01
この間、病院の待ち時間にこんな人に会い、
写真を撮らせてもらった。
さて、どこのゆるキャラでしょう?

150613_1623~01
ここはあじさい祭りの帰りに通りがかった店。

150615_1428~01
モジョコーヒーのフラットホワイト。
ニュージーランドから来た珈琲屋らしい。
日本に何店舗かある。

この記事のみを表示するあじさい祭り

未分類

150613_1620~01
次女の保護者会で娘と仲良しの子のお母さんに会った。
前の席に座っていたので、中間試験の成績表を見て
がっくり肩を落とす姿に「同じく!」と叫びたくなり
意気投合し(娘たちも意気投合して3年目だ)
諸々該当せずな進学説明会に疲れ果て、
お互い密かに寄ろうと思っていた
白山神社のあじさい祭りに行った。
150613_1620~02150613_1616~01
きれいな紫陽花を見ながら、娘の愚痴を吐き出しつつ

150613_1615~01150613_1603~01
今更焦っても遅いのよねえ・・・わ、この行列! お参りするのに・・・これ並びます? やめましょ。

150613_1605~01150613_1617~01
富士塚もすごい列! なんか、白いのが気になる! 
すきっと浄化されたい気分。ほんと、癒された~い!

150613_1611~01

この記事のみを表示する真夏日だってさ

未分類

150610_1053~01

今日も暑いらしい。

家の中では、なんだかちょっと寒いような気がして、
でも歩いているうちに、そうでもないのかと思え、
止まった途端に汗が噴き出て、
「あ、暑かったのか」と思っていると
いきなり強烈な冷房でじゃんじゃん体が冷やされ
暑いんだか冷えてるんだかわからなくなってくる。
そのうち変な咳が出てきて、寒くなり、
歩き出せばまたもや汗は静かに流れ落ち、
クーラーの冷風に吹きつけられて
体は冷たくなり・・・ってなんなのこれ!

電車やバスの冷房は極端すぎる!
なんかもっとこう人肌で判断してほしい。
「暑いけど、涼しい風が吹いてるわよねえ」とか
「気温はそうでもないけど蒸しますなあ」とか
「日差しが強いけど、車内は結構涼しいよね」とか。

そんな話じゃなかった。
ウレシカさん、すみません。
これ、置いてくださったんですね。
こけしちゃんのおかいものこけしちゃんのおかいもの
作:もとした いづみ / 絵:おざきえみ出版社:ひかりのくに絵本ナビ

たまたま売れていて、なかったんだそうです。

さて、そんな言い訳をしてきたウレシカの
えかきのこけし展
いよいよ本日まで!
まだ見ていない人は急げ!
レジのダイコバが、赤いポロシャツを着ていたらラッキーデー。
今日も彼が質問を用意して、皆さまのご来店を待っている!

この記事のみを表示する読書感想画コンクール

未分類

150609_1900~01
あ、夕焼け! と思ってベランダで「うほ~~」と眺め、撮った写真を
今見た瞬間「蕁麻疹!」と思ってしまった。感動を再生できない。

西日本新聞(というのがあるのね)の西日本読書感想画コンクール
てのがあって、今年の指定図書に『いえのなかのかみさま』が選ばれました。

指定図書一覧

在籍校を通じて提出・・・ということは
小学校の授業で描くってことなのかな?

いえのなかの かみさまいえのなかの かみさま
文:もとした いづみ / 絵:早川 純子出版社:光村教育図書絵本ナビ


この記事のみを表示する保育園のおやつ

未分類

150610_1049~01
その後、うちのプランターの枇杷がこんなに
・・・なるわけない。

150611_0656~01
成長はストップし・・・だんだん萎れてきた?
これは早く食べなくてはならん! というわけで
食べてみた。枇杷の味がする! 結構甘い。

保育園児の頃、この種を埋めた本人が
この状態になって初めて「え! 枇杷? これが?」
と驚いた。
信じられない! 人の話を全く聞いていない。
というより、朝は慌てて出て行くし、
夜は帰りが深夜で、ベランダがよく見えないし
私も忘れてしまうのだ。
大抵、思い出すのは朝、家族を次々送りだし
ほっとした時間。朝ドラが始まる前あたりだ。

150610_1051~01
150610_1052~01
150610_1052~02
近所を歩きながら忙しなく撮った花たち。

この記事のみを表示するこけし祭り

未分類

150606_1703~01
西荻こけし祭りに行ってきた。
いや、そんな名前じゃなかったな。

KOKESHI EXPO(こけしエクスポ)
こけしブームといわれる昨今。ブームが来ても来なくても、こけし工人さんがこけしを作ることは 変わりません。これから先の未来にも変わらずにこけしが微笑み続けられるよう、微笑むこけし を手にとって頂けるよう、そんな願いを込めて、3つの「知る」をテーマに西荻窪の4つのお店でKOKESHI EXPOを開催いたします。イベントも盛りだくさんです。是非、ご来場ください。

だそうだ。ウレシカのHPより抜粋。

★4つのパビリオン
“伝統に知る”…イトチ館(西荻イトチ)
“古きに知る”…にわとり館(にわとり文庫)
“新しきに知る”…ウレシカ館(URESICA)
“リサイクルこけし”…西荻案内所

“新しきに知る” ウレシカ館
「えかきのこけし」展
2015年 6月4日(木)~6月15日(月)
9日(火)休み open:12:00~20:00
*6日(土)、7日(日)の2日間のみ、西荻茶散歩のため11:00開店

【出展作家】
こけし5
浅生ハルミン、いぬんこ、COCHAE、佐々木一澄、杉浦さやか
+10人の絵描きたち
石井聖岳、石黒亜矢子、きくちちき、さかたきよこ、霜田あゆ美、
高畠那生、たんじあきこ、tupera tupera、どいかや、松成真理子

こけし愛と造詣の深い5名の作家“こけし5(コケシファイヴ)”と絵本作家やイラストレーターなど10名の絵描きによるこけしの展覧会。鳴子の工人さんが形どった白木に、作家15名が絵付けしたこけしを展示販売する他、中古こけしをリユースして新たに絵付けしたリサイクルこけし、こけしモチーフの作品、雑貨、書籍の販売など盛りだくさん。こけし5のこけし自慢コーナーも予定しています。

それぞれの絵描きさんの作品が、本当にそれぞれで
楽しかった!!
こけしグッズもこけし絵本もたくさん揃っていた!
けど、これがなかったなあ・・・。

こけしちゃんのおかいものこけしちゃんのおかいもの
作:もとした いづみ / 絵:おざきえみ出版社:ひかりのくに絵本ナビ


ウレシカの近所在住のおざきえみさんが描いた絵本。
これが出た直後にやはり近所のいぬんこさんの
こけし絵本が出たので「こけし展やってよ!」と
言ったのだけど、そういうくくりじゃなかったからかな。
置いてね~~!!

この記事のみを表示するメールアドレスの確認

未分類

150606_1638~01

確認です。すみません。

以前のメールアドレスjcomの方は、壊れた壊れたと大騒ぎしていた頃から
使っておりません。
さすがにもう直っただろうと思っている方が案外多いので
ここでもう一度。
パソコンに関しては、直ったり、解決したりってことはほとんどありません。
だいたいの問題はそのままだと思ってください。私の場合。

150608_1552~02
さて、話は全く違うが、友達からもらったお菓子。
謎のとり天せんべい。
自ら「謎」と名乗り、何が謎なのかわからない。

150608_1552~01
娘の出張土産のこっちの方がはるかに謎だ。

この記事のみを表示するMOE7月号発売中!

未分類

『MOE』7月号の新刊絵本のコーナーで
「おむかえまだかな」を紹介していただいてます。
150605_1345~01
おむかえまだかなおむかえまだかな
作:もとした いづみ / 絵:おかだ ちあき出版社:学研絵本ナビ

ありがとうございます!

150606_1814~01
藤城清治特集の宮沢賢治のページに
大学時代のゼミの先生の文章が!
そうですよねえ、今や賢治といえば栗原先生。
分銅先生は・・・おお、亡くなったんですね。(今調べた)。
分銅先生のなまりの強いラジオ講座(私たち受験生はラ講と
言ってましたな)の声、
大学の講義の、味わいあるズーズー弁の賢治の詩の朗読を
今まざまざと思い出しました。

と、分銅惇作先生の思い出を綴っておいて
ナンですが、栗原先生お元気ですか?
モエで編集やってた頃、賢治特集なんかは
先生に送ってたなあ。随分前ですが。

この記事のみを表示する夕焼けと「くるくる先生の朝」

未分類

ガラケーの写真に壁紙モードとカメラモードがあって
150603_1900~01
こちらが壁紙モード

KC4D0002.jpg
で、こっちがカメラモード。
どういうこと?
ベランダから見えた夕焼けは、これらの写真とは全然違う色なのだった。

読売新聞に書い「くるくる先生の朝」を読みたいなと思っていたら
いりますか? と尋ねられたので、いりますいりますと答えたら
ごっそり掲載紙を送ってくれた。
でも瑛太の顔が気になって読めない仕組みになっている。
150605_1343~01

いやいや、そんなことはないが、
かわいい絵を描いてくださった平沢朋子さん、
感想を送ってくれた方、ありがとうございました!

この記事のみを表示するロックな夏

未分類

150603_1856~01

これがなんのブログか、よくわからなくなっているが、
たびたびご紹介している Ⅿrs. GREEN APPLEが
この夏、ロックイン ジャパン フェスに出演!!

出演者を見ていると、そういえばきゃりーぱみゅぱみゅも
この辺の子で、ミセスの子たちもみんなあのタコ公園で遊んだんだなあ。

そしてもう驚かない、3年目フジロックに出演の決まった
我らがケロポンズ!

夏の炎天下、あるいは土砂降りの中、
ロックでがんばってくれい。
おばちゃんは弱いから、涼しいところにおります。

この記事のみを表示するミセスなバンド

未分類

話は前後するが、というか
情報の補足。

ミセス・グリーンアップルのサイトはここ

この記事のみを表示するしまった!

未分類

150528_1543~01
ゴム頭ぽんたろうは、やっと気づいた。
テンプレートが桜のままじゃないか!
桜の時期ちょっと前に変えて、季節の先取りを
気どっていたのに、なんたる失態だ。

150601_1550~01
シャクナゲの大束を買ってきた。
お花屋さんが店の奥でばっさばっさまとめているときに
「もしや、あれが本日のお買い得となるのでは?
あれで500円になるのだったら買おう!」
と目をつけていた。
はたして! サービス品 500円の入れ物とともに
店頭に登場。
さっと行くのはためらわれ、と思っていたら
すぐに誰かの手が伸びた。
が、じっくり吟味した末に離れる。
そうなると、私も迷いなく買うという気分ではなくなるもので
ちょっと検討・・・するけどすぐに買う。
薄ピンクのはみんな咲いてるし、蕾は濃いピンクが1個だけ。
ベランダで枝葉を切って、中に入れた。

そうだよ。季節の花は移り変わって
今はもう紫陽花の季節じゃあないか。

というわけで大慌てで、とりあえず紫陽花に衣替えしてみました。

あ、違った! 紫陽花にしたけど、画像がちょっとうるさかったので
やめたんだった。葉っぱ、葉っぱ!

この記事のみを表示する

未分類



応援する、というかもうすっかりファン目線なんだけど、
彼らのメジャーデビューもいよいよ来月。
ボーカルの大森くんもすぐそこの中学だったのね。
とてもついこの前高校を出たばかりとは思えない。
ヒロトも赤ちゃんだったのに、ギターが上手になっちゃって。
なんでも、もうじき重大発表があるらしい。
ヒロトママ経由の情報。なんだろ?

この記事のみを表示するくさびらとは茸のこと

未分類

150531_1836~01
狂言えほん、とは全く関係のない
16階からの写真。エレベーターを待つ間、
夕日が遠くのビルの2本(ビルはどう勘定するの?)だけに
反射していたので撮ったのだけど、これじゃ全然わからない。

狂言えほん くさびら狂言えほん くさびら
作:もとした いづみ / 絵:竹内 通雅出版社:講談社絵本ナビ

が重版決定。ありがとうございます。
で、えーと・・・つい最近、狂言えほんで重版になったの
なんだっけ?
いえ、誰かに尋ねているのではなく、
自問自答です。自答が・・・できない。

それにしても磯丸水産って、24時間営業している
意味があるんだろうか? 場所によっては
むしろ人件費や光熱費の方がかかっているって
状態になっているんではないかと
人ごとながらいつも思う。

というか、震災後の「ああ、電気はこんな程度でよかったんだね」
と思ったあの気持ちはどこに?


この記事のみを表示する枇杷たわわに

未分類

今、高校3年生の次女が、保育園時代
おやつに出た枇杷の種を、植木鉢に埋めて
早く枇杷ができますように! とお祈りをした
その枇杷が、実をつけた。
150511_0741~02
まさかこんなにたくさん実をつけるとは!
と驚いていたら

150521_0916~02
だんだん色づいてきて・・・

150601_1551~01
今日はこんな感じ。
枝が細いので(しかも小さな鉢だ)ぼきっといかないことを
祈りつつ見守っている。

いい加減な種まきでも、育つもんだなあ。
彼女は保育園で食べた果物は
なんでも一応、種を持ち帰ってベランダの鉢に
埋めていたようだけど、さすがにメロンやスイカは
育ってない。
スイカは先生から「あれ? 皮は?」と聞かれて
「皮?」
「食べちゃったの? 出すのよ」
口から5ミリ四方のスイカの皮を出しました。
と連絡帳に書いてあった。