もとしたいづみ は どうした!

作家もとしたいづみ の 働きっぷり

私のパソコンの現在状況。

ネットにつながらないばかりか
キーボードも反応しなくなり
どうしても直りません。

つきましては、えーと。。。
まず、心もとないのですが
(届かなかったものもあり)
メールはgmaiの方か携帯に下さい。
(gmailを今まで心の中で「グラムメール」
と呼んでいたわ! という人がいて、
さきほどちょっと愉快な気分になりました。
ありがとう!)

そして、そして、原稿は、すみません!
パソコン買います。待ってください。
ファックスで送る原始的な方法も
可能な文字数の場合はやってみます。

わあ、ほんとに困った。
買いに行く暇が。。。
そしてバックアップまでの準備に手間取っていて
まだバックアップしていなかったああああ〜〜〜。

140618_1752~01
こんなときはお茶でも飲んで落ち着こう。

メールが送受信できません!
今週、私のjcom.home.ne.jpの方に
メールをくださった方、
すみません!@以降をgmail.com
に変えて、再び送信してください。

どうも、戻ったり、送信できなかったなどの通知がなく
すっとぼけている模様です。

というのを毎回、冒頭に載せるべきでした。
ブログを読んで、もしやとgmailに送ってくれた方もいて
ブログで呼びかけるのも有効かと思った次第じゃ。
(じゃ、って。。。何かの影響を受けているな。は!)
140618_1126~01
そうじゃ。これをとっとと書かねばならぬのじゃ。
桔梗が咲いたばかりで縁起のいい清明神社。
140618_1126~02

140624_1604~02
さて、これはなんでしょう?


いえのなかのかみさまいえのなかのかみさま
(2014/06)
もとした いづみ・作
早川純子/絵

商品詳細を見る

絵本ナビ。著者サイン本販売がさきほど20時よりスタートしました。
残り。。。かなりあります。

いえのなかのかみさまサイン本

140617_1241~01
これらは戻ってきた招き猫たち。
初辰をもじって「発達の神様」。


絵本ナビの著者サイン限定本を見たら

すすめ!  ふたごちゃんすすめ! ふたごちゃん
(2013/11/22)
作・もとした いづみ・作
青山友美/絵

商品詳細を見る


絵本ナビ、青山友美、もとしたいづみサイン本

これが残り僅か! 3冊です!!
急げ!


とあおってみましたが、どないなもんやろ。

忘れていました!
いえのなかのかみさまいえのなかのかみさま
(2014/06)
もとした いづみ・作
早川純子/絵

商品詳細を見る

絵本ナビでのサイン本販売が昨日25日の20時より
プレミアムサービス分のみ始まっております。
早い! もう優先販売分に「済」マークが!
サイン本一般販売は本日26日の20時からです!

いえのなかのかみさまサイン本
↑絵本ナビをご覧あれ!

サイン、全部違います。
私も早川さんのサイン本ほしい!! と思って
早川さんと、そして担当の編集者さんのサインをもらいました!

たなばたセブン (ワンダーおはなし絵本)たなばたセブン (ワンダーおはなし絵本)
(2012/06/02)
もとした いづみ・作
ふくだいわお・絵

商品詳細を見る

あー、しまった! また本の紹介を忘れていた!
これだこれだ、今はこれです。七夕ですよ。写真、大きくしちゃおう。
行事ものは期間限定なので、ぜひに!!

行事セブンシリーズの、これは最初のだ。
第二弾は「せつぶんセブン」。
第三弾も今、描いていただいているはずです。

140617_1216~02
占い屋兼薬屋の隣は靴の病院。
ざっくり言うと「病院と薬局」。

さて、私のパソコンですが、
動いている様子がない。
音がしない。あ、普通しませんか?
じいいいい、とか、がああー、とか言わない。
ときどきそんな音をたてていたんだけど
それはそもそも故障だったんだろうか?

で、熱くない。触ってもひんやりしている。
どうもやる気が全くない模様。

昨日は、手書きですみませんがチェックしてくださいと
郵便受けに、紙にボールペンで書いた原稿が入っており
電話で「パソコンがないもので、しかも手書きですみません」
と言われたが、私だって負けてはいない。
「今、パソコンが壊れていて、メールも受けられないので
かえって好都合!」
どうだ!!!

修正した原稿をまた私が届ければ完璧なのだけど
ファックスがあればファックスで送ってくださいと言われ、
うーん、ファックスは使えるのだ。
ファックスで送って、軽い屈辱感を覚えた。

結局、機械に頼ってしまったわい。
もうこうなったらとことんアナログに徹しようかな。
と、ブログに書いている俺だけど。
140617_1443~01

140617_0959~01

この辺りに「気取ったサービスはできません」
という注意書きのある居酒屋があった。

いやいや、そんなのんきな話ではない。
メールの送受信もできなくなってしまいました。
jcomのアドレスにメールをくださった皆様!
本日24日の9時半頃までのメールは届いております。
(濱野さん、受け取った!)
が、それ以降のメールが届きません。
お手数で申し訳ないのですが、
それをgmailの方に送ってくださらぬか。

gmailは、jcomのアドレスの@までの部分に
gmail.comをつけるだけです。

すんません!
なのでもはや私のPCは、ほとんどワープロ。
ワープロはよかったよねえ、なんて言ってたからかなあ?

上の写真は、大阪の福島駅そばだが、
140617_1214~01
ここは住吉神社の近所。横には占い窓口があった。
激しすぎて、どこが入口かわからない。
看板などを全部とっぱらって、この建物をちゃんと見てみたいほど
趣のある建造物だと思う。
窓なんか珍しいよねえ。。。

なんて言ってる場合ではないのだった。


-1.jpg

140615_2340~02
野次のレベルがアホすぎて話にならない。そこらの人でもこんな浅はかな馬鹿は
なかなかいないと思うんだけど、どうしてそんな人が都議会などにいるのか、
そしてどうして日本一の大馬鹿が首相なのか、謎が多すぎる。
ねえ? にこ?
にゃああああ。

でがけに、もうじき出る
『じごくのさたもうでしだい』(略して「じごさた」)の校正が出た
と、大阪の出版社から電話があった。
あ、今から大阪に行くんですよ!
とは言うものの、時間が読めないため
宿泊予定のホテルに預けてもらった。
ホテル名と「本名で」と告げたが。。。
夜、到着したホテルのフロントでは、届いてないと言われた。
「しかし預けたと連絡が。。。」
と言うと、
は! もしや、という感じでおずおずと差し出されたのがこれ。

140616_2233~01
ぶはっ! 吹きました。

140616_2232~01
いきなり笑わせてくれるなあ。
H社のK田さん、すっごくかわいくて面白い。
翌日「受け取りました」
と連絡すると、
「預けるときに、少しあやしまれました」
って!!
そうだと思う。

140616_2238~01
中身はこれです。
おなじみ、竹内通雅さんの絵。
ひかりのくに、もとした竹内時代物絵本三部作の
二作目。
140617_0756~02
宿泊した大阪のホテルは、蛇口から温泉が出て来るが
本物なのだろうか。。。
しかしそれがたとえ色付きのお湯であっても
とても感じのいいホテルだった。

もとしたいづみはどうした? とのお問い合わせ。
すみません。
パソコンの不調により、というか
どこか押しちゃったんだろうか、
わかんないけど、とにかくあやしい方のメールの
送受信しかできない。
あやしい方というのは
届いたり届かなかったり、のアドレスの方です。

つまり全体的におぼつかない状態。

ブログの更新も、よそのパソコンで行なっておりますゆえ、
更新も困難で、ネタはたまる一方だ。
-2.jpg
意味もなく、買った切り花の写真を載せたりする。
140612_1619~01(1)
ネタもたまっているが、仕事もたまっていて、
いろいろやることがたまっているが
まずは青梅シロップや青梅酵素やらっきょう漬けを
どんどんこなしていく。
そして、本日中に食べなければな出町ふたばのまめ餅や
翌日までに食べなくてはならない西賀茂チーズケーキ、
そして早くも明後日までとなった阿闍梨餅も
どんどん食べなくてはいけない。
そうなんです、京都に行って参りました。

猫野ぺすか版画展は22日までだが、
東京都美術館で開催中の
バルテュス展も22日まで。

行って参りました。
fc2blog_2014061213570355e.jpg
やっぱりたくさん買ってしまう。物欲の俺だ。
いや、でもいいと思わない? ミツと日本名をつけた猫の
モノクロの絵がとてもいい。
ちょっと茂田井武を彷彿とさせる
この11歳ぐらいに描いた作品が好きで、ついつい
一筆箋やエコバッグやハチミツやクリアファイル
(クリアファイル、どんだけ買うんじゃい!)などを購入。

しかしその年齢でこれを描くのはともかく、
当時母親がリルケの愛人だったので、
リルケに絶賛されて、出版されたってのが
なんというか・・・恵まれていたってことかな。

ミツ バルテュスによる四十枚の絵ミツ バルテュスによる四十枚の絵
(2011/05/18)
バルテュス

商品詳細を見る

スギヤマカナヨ原画展は昨日からだが、
猫野ぺすか版画展は今日から。そして22日までなので
急いで行かねばならない。

場所はギャラリーHIPPO。詳細はここ!

絵本「はるがくれたハンカチ」(文 やえがしなおこ WAVE出版)の原画と、
2014年ボローニャ国際絵本原画展入選作品を含む「こどもの本」表紙シリーズ
を原画と同版で刷った作品を展示。

    会期は6月13日(金) ~22日(日) まで〈17日(火)は定休日〉
       11:00am-7:00pm(日曜日は5:00pmまで)

image.jpg
『ぺんぎんちゃんのぼうし』
もとしたいづみ・作
猫野ぺすか・絵

これも市販化されないかなあ。

あ、そうそう! こっちはもうじき発売、
いや、調べたらもうとっくに出ていた!
早い!!


ふしぎなかばんやさん (ひまわりえほんシリーズ)ふしぎなかばんやさん (ひまわりえほんシリーズ)
(2014/06/09)
もとした いづみ・作
田中六大・絵

商品詳細を見る

ブックレビューに「最近よく見る絵」とあった!
そうなんすよ、田中六大さん、今キテるんですよ。
是非、見てみてください!


ボタンボタン
(2013/04/16)
森 絵都・文
スギヤマカナヨ・絵

商品詳細を見る


スギヤマカナヨさんと森絵都さんの絵本『ボタン』の原画展がブックハウス神保町で開催中!
会期中はスギヤマカナヨさんのワークショップもあり!

『ボタン』(森絵都/文 スギヤマカナヨ/絵)
会期:2014年6月12日(木)~7月7日(月)
会場:ブックハウス神保町
住所:東京都千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1階
開館:11:00~18:30
定休日:水曜日(水曜日が祝日の場合は営業)
お問い合わせ:TEL : 03-3261-5691/FAX : 03-5210-5999

★スギヤマカナヨさんワークショップ★
「ボタンの絵本を作ってみよう!」
2014年6月29日(日)14:00~約1時間
無料・要予約

140604_1637~01
カナヨさんからいただいたあわや惣兵衛の肉球まんじゅう。
みかけだけでなくすごくおいしい!!

またもやPCの不具合で、なんだかんだやっておりました。
今もエクスプローラーが全く使えない。
そんな合間に
140611_1122~01
カモシカ衝突や、いろいろなことがあり、
というか、「カモシカ衝突」という用語だよね。
「鞄はさまり」とか、鉄道はすぐに単語にする。
「お客様の鞄はさまりがありました影響で、2分遅れで
運行しております」などと言う。
140611_1149~02
140611_1150~01
鶯谷から上野へ歩いているうちにどしゃぶりになった。
140611_1248~01
映画「キツツキと雨」の中の映画撮影シーンで、若い監督に対して
「雨、映らないですよ」と言うところがある。
とっとと撮っちゃって終わりにしましょうというわけだが、
科博のシロナガスクジラもざんざん降りの中とは思えない姿だ。

どうしても行きたかった特別展「医は仁術」に駆け込み。
fc2blog_20140612135701f4b.jpg
カタログがこれまたオシャレでかっこいいんだ。
しかも「おでかけ用おくすり袋」付!
グッズにも力が入っている。
fc2blog_20140612135816d2d.jpg
会場はこうなっている。中に入ってみて、初めて気づいたのは
そうか、これってなんか前にやっていたドラマのなんとかってのが
ベースになっているのか。

fc2blog_20140612140439a79.jpg
ああ、これ、ほしい!!! と思ったのはこれだ!!
カタログではよくわからないけど、実物のすてきなこと!
木製の骸骨なんすけどね、木のなめらかさといい
素晴らしいのですわ。

fc2blog_20140612135532168.jpg
140612_1002~01-1
ポストカードもついついたくさん買ってしまった。
fc2blog_20140612135700fb7.jpg
この内臓図のロマンチックなこと! 
肺なんか、こんなにいっぱいあって。
腸は極楽の雲のようだ。
fc2blog_20140612135813cb9.jpg
これは裏が葉書になっていて、中身は飴。
fc2blog_2014061213581188e.jpg
クリアファイルもたくさんあり、
fc2blog_20140612140440c9f.jpg
肝に銘じようと思って買ったクリアファイル。

ひとりでさくさくっと見たんだけど(特に手術や解剖のあたりはほぼ素通り)、
自分の中では大盛り上がりで、
同伴者と感想を述べ合っている人たちの間に、入っていきそうになる。危ない。
体に関しては、言いたいことが常にたくさんあるのだけど
そのあとで、なんだか続けざまに人の「恋愛」について話しを聞く機会があり、
そのたびにちょっとボケちゃったお爺さんのようになってしまう自分だ。
「・・・え? ああ。・・・・そうね。・・・・・ほう。そんなものかね」
相槌さえうまく打てない。

ああ、欲しいなあ。奥田木骨!

「青桐」という朗読教室の朗読会に行った。
8回目だそうだが、雨の中、100人以上のお客さんが
ひしめき合っていた。(出演者が4人なのに!)
私がファンの渡辺康世さんは「楢山節考」を読んだ。
いつもわりと小さな会場で聞いていたのだけど
今日のように広い会場だと、広い用の読み方で
ああなるほどなあ、と元女優さんの、体に染みついた
舞台でのテクニックを見たような気がした。
康世さんの朗読を聞いていると、しょっぱなから
その現場に連れていかれる。
今日も私は、雪の降る山でカラスに怯えながら
涙を流した。

隣にいた康世さんの夫が
「さっそく買いに行きました!」と言うので
「え、何を?」と聞いたら
『いえのなかのかみさま』のことだった。
「すぐ、紀伊国屋書店に行きました」
「ありましたか?」
「ええもう、こんなに!」
と、床から平積みかってほどのジェスチャー。
「それがもうみるみる売れて。こんなになって」
いや、最初からそれくらいの平積みだったかもしれませんが。
ありがたや!
いえのなかのかみさまいえのなかのかみさま
(2014/06)
もとした いづみ・作
早川純子・絵

商品詳細を見る

「とてもタイムリーな絵本です」
という感想をいただきました。

新聞を読んでいると、切なくなったり気が滅入ることが多い。
そのたびに思い出すのがこの本の一節。
傷つく人、傷つける人傷つく人、傷つける人
(2013/07/26)
信田 さよ子

商品詳細を見る

DVをふるう加害者に関して、これまでにさまざまな研究が行われてきましたが、
どんな男性がDVをふるうかについて、はっきりした結論は出ていません。
特定のタイプがDVをふるうとはいえないのです。
あえていうなら、彼らが「男性である」ことだけが、共通しているのです。
 そうであるならば、男として生まれ、現代の社会で生きていくこと、
つまり男らしさと、彼らの暴力はつながっているのでしょう。
 この、男らしさがどのようにつくられたのか、そのルーツをたどっていくと、
戦うことが男らしいと宣揚された時代に行きつきます。つまり国と国との戦争が、
兵士たる男の暴力を肯定し、彼らが家族に暴力をふるうことを許した、
という連鎖を考えざるをえません。このことは、国家の暴力と家庭内暴力が、
車の車輪のようにつながっていることをあらわにしています。

この本、従来のこの種の本のイメージとは違い、
すごくわかりやすく読みやすいのでお勧めです。

140606_1602~01
暑くてこのまま猛暑の夏か! と身構えたら
なにもこんなに降らなくても・・・な雨が続き
梅雨ってこういう雨じゃないだろ、と
いちいち動揺しなくていいように
日本は亜熱帯になったのだから
昔ながらの天候ではないのだと思うことにしよう。
140606_1158~01
この時期はとりあえず、青梅は買う。
本当は買ったらすぐに、なんだけど
ちょっとだけテーブルの上でほわんといい香りを楽しみ
梅シロップや酵素を作る。簡単だからね。
梅干しはいいや。
あ、純米酒の梅酒は作ろうかな。
140604_1640~01
あ、もう実山椒の季節か・・・とこれもすぐに買ってしまう。
でもちょっと早め?

吉祥寺のにじ画廊、ミロコマチコさんの個展初日に
ミロコマチコTシャツを着て、行った。
1階入り口に入ったところで、
「あ!」という視線を痛いほど浴びる。
このおばちゃん、むちゃくちゃファンなんだ・・・
というちょっと笑った目。
しまった!
混んでいて、傘もあって
なかなか2階の会場にたどり着けない。
miroconews[1]
行くと、ご本人がいらっしゃいました。
待ち合わせていたMすだゆうこが来て
ミロコさんと談笑した後、スマホを出して
「これで写真を撮ってもらえるでしょうか」
と、ミロコさんに言うので
そこにいる人々の動きが止まった。
それ、変わってるぞ! ミロコさんが撮るのか!
と、思って「え!」と驚くが本人は動じず、
私にスマホを渡して
ここで! とミロコさんを連行する。
だよね、だよね。

講談社出版文化賞の授賞式では
真っ赤なワンピースだったが、
今回は真っ白だった。
にじ画廊のミロコマチコ個展
17日まで。必見!

まよいみちこさん (にじいろえほん)まよいみちこさん (にじいろえほん)
(2013/10/24)
もとした いづみ・作
田中六大・絵

商品詳細を見る

京都は長岡京市の恵文社バンビオ店での
田中六大わっしょい祭り
『まよいみちこさん』原画展も今日でおしまい。
ああ、とうとう行けずじまいだった。残念。

でもみなさん、田中六大祭りは
場所はちょっと移動しますが
引き続き店内で開催するそうです!

そして新刊
ふしぎなかばんやさん (ひまわりえほんシリーズ)ふしぎなかばんやさん (ひまわりえほんシリーズ)
(2014/06/09)
もとしたいづみ・作
田中六大・絵

商品詳細を見る

がここではいち早く手に取れます!
先行販売!
長岡京市に急げ!
長岡京市はまず新幹線に乗ってだな、京都から約10分。
長岡京駅の真ん前だって。
まよいみちこさんである『まよいみちこさん』の担当編集
Kばやしさんが「私でも迷わずに行けました!」と言ってた。
140606_0646~01
見本が届いた。
前後の見返しが楽しいので、是非見てください!
来週あたりに書店に並びます

パソコンの文字化けを直そうとして、
めったやたらにいろんな設定をいじっていたら
どんどん大変なことになり、
どこをどうしたらこうなったのかがわからないので
お手上げ状態となり、
ああもうパソコンなんか捨ててしまおうと思ったが
どうにか復活。

今まで猿が偶然、使えていた道具が
やっぱり猿は無理、みたいな事態となってみれば
いっそパソコンなど使わずに暮らそうか
とも思うけど、後戻りできないんだよなあ。

というわけで久々の更新。

いえのなかのかみさまいえのなかのかみさま
(2014/06)
もとした いづみ・作
早川純子・絵

商品詳細を見る

本にサインしに版元の光村教育図書へ。
会議室にどわーっと広げ、早川さんのサインの横に
べらべらとお喋りしながら気まぐれサインをしていく。
が、気づけば「へ? 早川さん、もう終わったの?
え、もうこんな時間! わわっ、まだこんなにある!」
となり、10分ぐらいで高速の追い上げ。
自分でもちょっと笑っちゃうくらい集中して
試験直前に参考書読む、みたいな状態でもって
出来上がり、早川さんや編集のYさんに驚いてもらって満足。

140603_1301~01

1401977079082.jpg
昨夜、同級生から「朝日新聞に載ってたよ!」と
メールをもらった。

さて、今回、初めて絵本をご一緒させていただいた
早川純子さん。
とても面白い方で、昨日、物まねをしたら
似てると言ってもらったのでもっと練習しようと思う。
いやいや、そうじゃなくて日曜日にこんなイベントにご出演。

■第131回日本口琴協会定例会 [2014.5.23 up]
『直川礼緒 2nd.アルバム リリース記念イベント』
いよいよ日本口琴協会代表・直川礼緒の2nd.CD「Music of Japanistan / ジャパニスタンの音楽」リリース!
イラストを担当した、版画家・絵本作家 早川純子をゲストに迎え、ライブ・対談・サイン会・握手会etc.を行います。
●日時:2014年6月8日(日) 19:00~
●場所:円盤(JR高円寺駅下車 徒歩1~2分)
    URL http://enban.web.fc2.com/
    Tel 03-5306-2937
●参加費:1,500円(1ドリンク付き)
●内容問い合わせ・提案:日本口琴協会 biyooon@koukin.jp







昨日は、近所の小学校の運動会だった。
練習の白熱具合で、いつなのかがわかるほど
音は16階にあがってくるし、ベランダからは
校庭が見渡せる。

自分の子どもがまだ小さい頃は、
ふと通りがかった小学校の運動会には
涙が出たものだが、自分ちの子が
まさにこの時期に突入すると、途端に
涙は出ないのが不思議だ。
そして今、もう子どもが成長してしまえば
またもや、うるうるしたりするので
見には行かない。

泣く、というのは距離があってこそのものなのか。
突然に自分に降りかかった不幸なことでは泣けないもので
ある程度時間がかかってみて、涙は出てくる
ような気がするがどうだろう?

泣いちゃうようなことが急に起こると
むしろ人間は、薄ら笑いを浮かべてしまうものだよね。

さて、近所の小学校から聞こえてくる子どもたちの声、
特に歌が、ここ数年、恐ろしくうまくなっていて、
これは音楽の先生が代わったのだろうとは思っていたが、
応援合戦の練習で、たぶん音楽の先生とおぼしき男性の声が
聞こえ、指導していた。

春日八郎のような声の人で、声がきれいにマイクに乗るので
優しく言っても耳に届く。
応援のリズムに合わせて「トントントン、やー! いい声! やー!
ああ、いい声! よし! いいですねえ。はい、次は?」と
テンポよく進めている。
小学校、中学の音楽の先生は本当に重要な立場だと思う。

応援団長の声が聞こえたが、6年生のちょうど変声期の男子の声は
苦しそうで、そうか、今は男子の時代なのかと思った。
確か長女の頃までは、応援団長は男子に決まってるという時代だった。
が、直後に女子も一人は混ざる時代になり、
二女の頃は、応援団長といえば女子、の時代になった。
それがしばらく続いたようだが、今は男子がいるようだ。
どの程度かわからないけど。
たぶん先生によってなんだろうな。
「やってやろう! という男はいないのか!」みたいな。想像だけど。

二女がある定年すぎの教師と話していて
「俺は殴られたこともない男は信用しない」
というので
は? 意味わかんない。どういうこと?
と思ったけど一応「はあ」と答えておいたそうだ。
かつて、男の決まり文句や男のロマンみたいなものは
急速に朽ち果てていて、思い返せば二女は保育園時代から
その手のおやぢと接触することなく育ったので
意味不明だったようだが、
長女がこの間会った大学4年の女子は
「父が怖くて、今も話すときは歯を食いしばって
手は後ろ」と言っていたそうだ。
死に絶えるまでまだ時間がかかるのだろうか。

ずっと前、運動会を見ていたママ友(小学校の教師)が
急に顔をしかめて
「ああ、なってない。列が乱れてる。全然揃ってない。
整列、ちゃんとやってないのかね」
と、自衛隊のような顔で言ったので、とぼけて聞いてみた。
「え。きちんと揃ってないと、ダメ?」
「ダメ!」
こわいので、じりじりと離れた。
私は離れられるからいいけど、子どもたちは大変だ。
あかちゃんペンギン (おはなしボンボン)あかちゃんペンギン (おはなしボンボン)
(2005/12)
もとした いづみ・作
いちかわなつこ・絵

商品詳細を見る

ペンギン保育園のふくちゃん。
お散歩の列から離れて・・・。
考えたら、計画的犯行と見られる脱走で、
でも脱走した方が断然楽しかったよね
と作者の私は思う。が、そりゃまあ
先生としちゃ、こういう子は困るだろう。

 | HOME | 

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事

検索フォーム