猫とワタシ

もとしたいづみ は どうした!

作家もとしたいづみ の 働きっぷり

この記事のみを表示する

未分類

私ともあろう者が、こんなスポーツ系の番組を見ているので
どうしたんだ! とご心配の方もいると思うので
言い訳をすると、国民体育大会の総合開会式の式典演技
「未来からきた手紙」を見ようと思ったのでした。

演出がコンドルズの近藤良平だし、
出演が森山開次なので。

さすが近藤さん。びっしりそろって軍隊みたいではない
ラフで楽しく面白いダンスだったのではないだろうか。
比較できないのだけど。

と、急に日体大のエッサッサが始まり、
あー日本だわあ・・・。

にしたって、これやっぱオリンピックなの?
と思っちゃうほど、ずーっと「オリンピック」「オリンピック」
言ってたなあ。

オリンピック予行演習のような
夜の式典演技。

今はいい季節だからいいけど、
オリンピックって猛暑の、熱中症続出の時期だよね。
少し前まで「関東大震災が近々来る確率」
なんて騒いでいたけど、それも急に言わなくなっちゃったのね。


この記事のみを表示する

未分類

テレビをつけたら、聖火を持って
てくてく歩いている人たちが映っていた。
狭いブースで、解説者やアナウンサーがいて
開会式のようなものをやっている。
準備体操か。
飛行機が一体いくら使っているのか
得意そうに危険な角度で飛んできて
ん? 外でも音が聞こえるなと思ったら
東の方から飛んで来たもわもわした飛行機雲が
無茶な低さでやってきて、ひゅんと上に向けた
あそこが会場か。
どこから飛んで来たのか。
どこに帰って行くのか。

なるほど、東京オリンピック。
へえ、意外と地味じゃないか。

プレートを持っててくてくと各県から
やってきて・・・なに?
スポーツ祭東京。

これでいいじゃん。
これがオリンピックってことで。

これだって相当準備にお金使ってるよ。
うちに、いつのまにかこのマークを刷りこんだ
シャツやマグカップ(さっき発見した)まであるけど
どさくさまぎれにいろんなことやるんだろうなあ。

そんなことやってる暇やお金は
使うところがあるだろうに。

この記事のみを表示する

未分類

書き飛ばしていて、説明不足なのでフォローを。
まず、いつだったか、竹内通雅さんとの絵本が
来年再び出ると書いたが、タイトルだけだった。
BU5Jc1LCcAATjEG[1]
これです。
そういえば通雅さんとも狂言えほんでご一緒した。
狂言えほん くさびら (講談社の創作絵本)狂言えほん くさびら (講談社の創作絵本)
(2007/06/29)
もとした いづみ・文
竹内通雅・絵

商品詳細を見る


ごぞんじ! かいけつしろずきんごぞんじ! かいけつしろずきん
(2013/02/01)
もとした いづみ・作
竹内通雅・絵

商品詳細を見る


ええと、それからウレシカに置かせてもらったDM。
詳細は・・・
130925_0756~010001
見えないね。

今ひょっとしたら、と思って
田中六大ブログを見たけど、やはりアップされていない。
六大くんは今、子どもから風邪をもらって
鼻ちょうちんを出しているらしい。
(保育士さんはね、もう免疫力がついてるので
そう易々と風邪をもらったりしないのだよ。
小児科医も。でもなりたてはかなり感染しやすいようだ。
六大ブログへのコメントをここに書いた)
なので、ここに書き写す。

『まよいみちこさん』
絵本原画展

トムズボックス +ギャラリー
2013年10月25日(金)~10月30日(水)
12:00~19:30
*25.26日は終日。
30日は17:30~19:30まで
田中六大在郎します。来てね!

と、ここまで書いて、もしや・・・と
小峰書店のHPを見たら、あった!!
あとはここで見てくれたまえ。

まよいみちこ原画展情報

この記事のみを表示する

未分類

「高田馬場の馬がいない方の改札」
と言われて、馬がいる方って・・・?
随分長いこと、高田馬場駅を利用しているが
「改札出た上の方に馬がいる」
とは知らなかった。
ここまで通って3年の娘も知らないという。

震災でどうにかなっていなければ今もあるはず
と聞いて、降りるたびに天井を見上げた。
天井絵のイメージだった。
が、あった!! こんなところに。

130926_1431~010001

馬といえば狂言えほん『しどうほうがく』の
馬がめちゃくちゃいい!!! と
随分褒められたという青山友美さん。
彼女との新作絵本も、完成間近だ。
狂言えほん しどうほうがく (講談社の創作絵本)狂言えほん しどうほうがく (講談社の創作絵本)
(2007/08/23)
もとした いづみ・文
青山友美・絵

商品詳細を見る

この記事のみを表示する

未分類

思いがけず「気の毒に・・・」「大変でしたね」など
反響が大きかったので、その後の報告をします。
まず、私が元々金額というか数字全般があやふやなので
テキトーな認識だったし、商品自体、似たようなもんばかりで
どれがどれやら、どこが違うかよくわからなくて
まずは、デパートで「これか!」と思ったものが
別のものであった。

そのサマンサタバサってのも、いろいろあって
みんな似たようなものなのに、ブランドの中で別れており
その売り場もあちこちばらばらにあるのだよ。
そもそもこんな財布を欲しがる人がたくさんいる
ということ自体、よくわからない。

さて、結局買いに行くためにネットでショップリストを見た。
いきなり「ネット被害が多いので、注意するように」と出ている。
直営ネット販売と書いてあるが嘘である場合が多く、
これこれこういうのが怪しいとまで丁寧に書いてある
それにぴったり当てはまる。
はいはい、馬鹿でした。

そんなわけで、池袋西武に行った。
ほら、ここ。あ、あっちにもあった。これ?
ん? こんなんだっけ? と言うと
娘はこれではないという。
で、店員に聞くと、それはルミネにあるという。
もう移動する時点で、ああもうなんでもいいから
とっとと買って行かないと私は待ち合わせに間に合わない
と既に即買いモードになっている。

行って、これ! と言われ、念のため
別の色を見せてもらったりして
ああ、そういやこんなだったと思いながら
値段を見ると、え! 2万いくらもする。
むむぅ。
騙され振り込んだのが1万4千いくらだと思っていたが
1万1千4百いくらだったので
しめて・・・・と合算してしまう。

こっちの方がかわいいよとちょっとだけ安い方を勧めたら
あっさり、そうかなとそれに決めた。
でも払うときに、わわっと思ったが1万9千いくら。
それに1万を足すと約3万!!
どうせ中身は千円くらいしか入らない財布が、さささんまん!

この記事のみを表示する

未分類

あ、そういえば少し前、
おばけのバケロン バレエだいすき! (ポプラちいさなおはなし)おばけのバケロン バレエだいすき! (ポプラちいさなおはなし)
(2011/06/02)
もとしたいづみ・作
つじむらあゆこ・絵

商品詳細を見る

の重版の知らせが来ていたんだった。

せっかくなので、このシリーズをご紹介。
おばけのバケロン (ポプラちいさなおはなし)おばけのバケロン (ポプラちいさなおはなし)
(2008/06)
もとした いづみ・作
つじむらあゆこ・絵

商品詳細を見る

おばけのバケロン えからおばけがとびだした! (ポプラちいさなおはなし)おばけのバケロン えからおばけがとびだした! (ポプラちいさなおはなし)
(2008/12)
もとした いづみ・作
つじむらあゆこ・絵

商品詳細を見る

おばけのバケロン ざぶとんねこがおこった! (ポプラちいさなおはなし)おばけのバケロン ざぶとんねこがおこった! (ポプラちいさなおはなし)
(2009/06)
もとした いづみ・作
つじむらあゆこ・絵

商品詳細を見る

おばけのバケロン おばけクッキーをつくろう! (ポプラちいさなおはなし)おばけのバケロン おばけクッキーをつくろう! (ポプラちいさなおはなし)
(2009/12)
もとした いづみ、つじむら あゆこ 他

商品詳細を見る

おばけのバケロン ゆうえんちのまいごおばけ!? (ポプラちいさなおはなし)おばけのバケロン ゆうえんちのまいごおばけ!? (ポプラちいさなおはなし)
(2010/06/02)
もとした いづみ・作
つじむらあゆこ・絵

商品詳細を見る

おばけのバケロン おばけがっこうへいこう! (ポプラちいさなおはなし)おばけのバケロン おばけがっこうへいこう! (ポプラちいさなおはなし)
(2010/12/02)
もとしたいづみ・作
つじむらあゆこ・絵

商品詳細を見る

おばけのバケロン おばけとともだちになりたい! (ポプラちいさなおはなし)おばけのバケロン おばけとともだちになりたい! (ポプラちいさなおはなし)
(2011/12/02)
もとしたいづみ・作
つじむらあゆこ・絵

商品詳細を見る


いやいや。今自分で、よくこんなに書いたものだと感心した。
幼年童話の時代だったかもしれない。
今は、中学年向け童話の時代なのか、依頼が多い。
少し前まで、この「中学年向け」というのは
いわゆる生活童話という等身大の話で
成長物語。ラストはジーンと来る真面目なもの
というイメージが強く、とうてい私が書く雰囲気じゃあなかった。
それが今、変わったということなのだと思う。
ばかばかしくても、ありえないことでも
オッケーとなったわけだ。

しかしまあ、こっちの方が当然長いわけで、
この長さに慣れるまでちょっと時間がかかる。

この記事のみを表示する

未分類

さて、さらに続く。
ウレシカから、次は都立総合芸術高校へ。
富久町、こんなふうになっちゃったんだね。

最後の出演が娘の高校で
ものすごい観客。かろうじて椅子席を確保したからよかったが
詰めろ詰めろで、ぎゅうぎゅうに詰め込まれて桟敷や階段や
隙間なく入れるだけ入れた感じ。
そもそも狭すぎる。
審査員も窮屈そうだ。
さてその審査員だ。
あとで話を聞いて、審査員というものを考えさせられた。

まず2名。ということについては
もっと増やすべきだと娘の高校の顧問は
ずっと言い続けているそうで、
確かに講評での発言を聞くと
「〇〇役の子は最初、そんなでもなかったけど
途中からすっごくかわいくなった」
なんて全員が「は?」てな反応をしてしまうような
あるいは「若い子たちの演劇を見て感動しました」
なんてツイートしているようなレベルの演劇関係者2名で決めるのは
どうなんだろう? とは思うけど、
まっさらで新鮮な視線が良いともいえる。

にしても知識がなさすぎるのではないかなあ。
高校演劇といえば、という常識程度のことを
知っておかないと、とんちんかんな質問をしたり、
「ちょ、ちょっとそれ、まずいんじゃない?」
と、ひやひやするような感想や
「そんなに感動してるけど、このレベルだって
有名だから、会場、こんな感じなんですけど」
なんて、恥ずかしいこともあり・・・。

私も絵本の審査員をしているが、そうかそうか
ある程度、知識は大事だけど
気持ちは新鮮さを保ちながら向き合うべきなんだな
と勉強になりました。

娘達の公演はさすがに皆、泣いていて、
そこにいた人たちだけでも
戦争はいけない。絶対に戦争の悲劇を繰り返すべきではない
と思ったはずだ。

あまり知られていない戦後の出来事を描いた作品で
同じ題材を映画にした『氷結の門』は公開できずお蔵入り。
これを演劇でやるのは5,6年ぶりだそうだが、もうできなくなるのでは
という危機感から、今回の上演となった。
脚本は顧問。

題材が題材なので、地区大会どまりであろう。
と、誰もが思っているところが恐ろしい。
戦争物はご法度だ。
この間、テレビでやっていた全国大会の模様で
長崎の高校がやった戦争ものがあったが
あれは劇団四季の脚本だからだと思う。
(原発を扱ったものもあって、よかった)

過酷な訓練というか、逆にここが軍隊か? というか
まあ、痣だらけでぼろぼろになりながらの稽古の中で
これを演じるにあたって、読むべき資料として
顧問から渡されたリストを持って、稽古で時間のない娘にかわり
「あ、ついでだから探してきてあげるよ」
と図書館に行って、びっくりした。
戦争と、反戦ものが分かれている。
反戦ものは奥の裏の棚にまとめられていた。
赤というかショッキングピンクのラベルが貼られていて
それを見たとき、ぞっとした。

『はだしのゲン』なんてほんの一部だ。
相当じわじわと進んでいる。

バリカンを持って、泣きながら弟の髪を刈るシーンのとき、
「本番で、またバリってやっちゃった。
前に通し稽古でも、ほんとに刈ったんだよね。
先生も、本当にやっていいから、って言ってたからいいんだよ」

文化祭でも2公演やるそうで、終わった頃には
その男子はどんな頭になっちゃうのか、心配だ。
そして昔のバリカンを貸してくれた方、ありがとうございます!

この記事のみを表示する

未分類

ウレシカで、カマタさんが
「ブログ見ました。そんなことがあるんですね」
と言った。
ネット通販詐欺の話だ。
「多いんじゃないのかなあ」
ダイコバが
「うちの不良の兄貴(なかなかの大物だという話は前に聞いていた)が
『北の国から』のDVDボックス5万円のを、3万円で買って
やっぱり届かなかったと聞いて、僕、えー!
うちの家族が『北の国から』がそんなに好きだということに
すごく驚いて・・・」
「そこ、だったんだね。しかし『北の国から』ファンの
善良な人々を騙すのはひどいな。でも、そうか。3万か・・・」
「それに比べれば財布なんて。1万でしょ? 微妙な金額ですよねえ」

「あ、でもなんか人に喋ると軽くなる」
「今ので500円ぐらいになったでしょ」
え・・・そんなになったか? 200円ぐらいじゃないか。
と思いながら次は新宿で開催中の高校演劇大会へ。
途中、小田急百貨店を通過すると、ありました!
くだんの財布。
2万いくらが1万いくらってんで買ったんだけど
えー! 1万7千円じゃん。
そこで既に騙されていたのか。

だったら買ってしまおう。
誕生日はもうかなり前になってしまったが。
今は急いでいるが、再び買える気持ちにまでなっている
自分に気づいた。
ダイコバよ! キミの話は500円どころか
1万5千円分でした。
ありがとう。

この記事のみを表示する

未分類

さて、続きだ。
赤ちゃん連れや、結婚直前のカップルに
取り囲まれたりしながら経堂へ行く。

ウレシカは、すずらん通りを歩くより
こっちから行く方が早いんだよね
と、ずんずん行くが、道が二股に別れている。
こっち、と思ったが、違ったかも
と思いつつも全くの住宅街を右へ左へ進む。
そばを歩いていた家族が
このおばさん、どこ行くの? 
と見ているのがわかる。
行き止まりなんだろうか・・・・。
すずらん通りはどこや。
すずめのおやどはどこや。

は! あった!

ウレシカに着いた!
「いやあ、迷っちゃってさあ」
と言うと
「え。何度もいらしているのに・・・」
とカマタさん、戸惑いの表情。
「(呆けたのではなく)方向音痴なのよ、あたし」
「あ、そうなんですか」
「それでね、方向音痴の絵本を出すの。
そしてこれがその絵本『まよいみちこさん』の
原画展のDM。置いてもらえる?」
「もちろんです。・・・あ、ここにつながるんですね」
「そうなの。さっきの導入から、ね」

ウレシカでは今
『ペットショップにいくまえに』版画展 ~みんなのいえ~
を開催中。

9月19日(木)~10月7日(月)
※火水休み open 12時~19時

動物を飼うということは、ともに暮らす家族を迎えること。人と動物が暮らす家。
私たちが住む地球は、そこに生きるすべてものたちのすみか。生きものみんなの家。

『ペットショップにいくまえに』版画展 【参加作家】
さかたきよこ
坂本千明
ささめやゆき
田島征三
タダジュン
たなか鮎子
どいかや
とりごえまり
nakaban
平岡瞳
みはに工房
山福朱実
芳野


どいかやさんが制作したフリーペーパー「ペットショップにいくまえに」をもとに、犬や猫をはじめ、動物をとりまく人間社会の問題を、より多くの人に知ってもらうための展覧会です。
今年、ウレシカでは版画という切り口で作品展示・販売をいたします。チャリティーグッズ販売なども予定しています。

DMイラスト:とりごえまり
»DMを見る(PDF)

◎トークイベント
日時:9月29日(日)14:00~

ゲスト:南部和也(獣医師、作家)、どいかや(絵本作家)、とりごえまり(絵本作家)
参加費:1,000円(お茶付き)
定員:20名 ★ご予約満席

【関連サイト】
どいかや作「ペットショップにいくまえに」
とりごえまり作「ネコの種類のおはなし」

企画・協力:どいかや、とりごえまり、鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館、nowaki、ウレシカ

【同時開催の連動展】
◎nowaki(京都)…9月20日(金)~29日(日)*24日(火)休み
◎鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館(新潟)…9月28日(土)~11月30日(土)

とても良い展示です。
ささめやさんの版画は笑えます。
是非!

この記事のみを表示する

未分類

昨日の祝日、いつものように
「食べてはもらえぬ弁当」(時間がなくて)を
作って6時に娘を送り出し、後片付けをして
ふと携帯を見れば、娘からのメール。
コンタクトレンズが、両方右目のだったから
届けてくれ、と。

なんだとこのやろう!
てめえで取りに来い!

とは言えない事情だとは重々承知だ。
朝練習に間に合わなければ
大変な仕打ちが待っている一昔もふた昔も前の
体育会系部活だ。

しかも今日は大会当日で、目が見えなかったからと
怪我でもされちゃかなわない。
でもまあ、昼までせいぜい苦労するがよいと
お昼頃、仕方なく学校までのこのこ行く。

門を入り、さすまたと催眠スプレーの文字を見ながら入る。
警備員が小川宏そっくりでいささか驚きながら
コンタクトレンズ入りの封筒を渡した。
今稽古は「通し」だそうで、そうじゃなくても
稽古中、外には出られない。
そればかりか座れない。食べられない。喋れない。
の軽い軟禁状態だ。

さて、時間を勘違いしていて
次の予定まで時間があったので
軽く食べる。
軽く食べるってのがなかなか難しい。
無印のカフェで、サイドメニューだけ注文できるので
そこでしばし栄養補給。
みるみるベビーカーの親子がやってきて
たちまち赤ちゃんと親や祖母らに取り囲まれる。

さて巣鴨の駅周りをぐるっとすると
いい感じの古い寿司屋が見えた。

80すぎと思しき爺さんが
背中を丸めてにこにこと寿司を握っているのが
暖簾の奥に見えた。
130923_1158~010001
左側の戸には常連らしい老夫婦が
笑っている。

さて、次は落合へ。
体玄塾で、自由にならない足指の動かし方を教えてもらう。
あ、そうだった。
ウォーキングウォッチを読むように言われたんだった。

次は経堂へ。
でもお腹が空いた半端な2時半。
最近よく行くイタリアンは休日で
ランチをやっていないので
ポレポレ傍のスパゲティー屋に入ってみる。
威勢がいいのだが、やたらともたもたしているので
軽くイライラしながら、せかせかと注文し
せかせかと食べて、とっとと出ようとしていると
空いていた店に、あとからあとから
30前後のカップルが入って来て
ついには断ることにもなっている。

今度はたちまちカップルに取り囲まれる。
しかもなんだかワインをボトルで頼んだり
え? そんなに? と次々頼み
このノリはなんなんだ? と思って合点がいった。
そうか、日本閣からの帰りか。
これから結婚式を挙げようという人たちだ。
どんだけムダ金を使おうとしているのか知らないが
ちまちまスパゲティを頼んで、200円でサラダと飲み物か・・・
どうしようかな? と悩む私などとは次元が違う。

「あたし、結婚式でツケマやめようかなあ。うふん」

勝手にしなさい。

この記事のみを表示する

未分類

BULBy4qCIAArx9t[1]
交互に重ねられた前脚に、ちょっと人の手が加わった気配を感じるが、まあよい。
よくないのはネット通販である。
タレントの写真なんか随分使っていて、変なサイトだよなあ・・・とは思ったし
いかにもあやしい感じ。日本語がおかしくて、なんだ? こりゃ。
まあ、言いたいことは伝わるけどさと笑いながら、ゆうちょの振込先も。。。九州?
連絡先に会社の住所も電話番号も記載されていないから、詐欺じゃないの? ここ
なんて思いながら注文した。
娘が見つけ出したサイトだ。
即メールが帰って来て、ううむ、ますます変な日本語。
それと、やたらしっかりした落ち度のない日本語のメール。2通。
急いでいたので振り込んだ。振り込んだらすぐにその旨メールするように書いてあったから
メールした。
返事なし。
催促した。
返事なし。
HPの問い合わせ欄からも、メールした。
しーん・・・。
24時間以内に発送と書いてあったが
もうかれこれひと月・・・のような気がしていたが
今調べたら2週間だ。
詐欺だったか。ほんとに。
笑いごとじゃないな。
1万円以上振り込んじゃったよ。
娘の誕生日プレゼントなので、娘は「まだ届かないのー?」
と聞く。そのたびに思い出して、いらっとする。
「届かないなら他のところで注文して」と言うが
そんな気になれるものか!
「じゃ、騙された金額、かーさんに払ってくれたら買ってあげるよ」
と言う。むちゃくちゃだとわかっているけどさ。
愚か者(byマッチ)というか、愚図で馬鹿でお人好し(by堀内孝雄)というか
ああ、俺としたことが!
で、こういうとき、どうしたらいいのか
今、ネットで調べたら、消費者センターなどでは
気をつけよう! ひっかかったおまえが馬鹿! 
みたいなトーンなので、じゃ、どうすりゃいいのか?
泣き寝入りか? と調べたら、相談するところが出ていて
うーん・・・無料ではなさそうだ。
お金かかっても泣き寝入りすべきではない! ってかんじだ。
窓口は無料で、だんだん料金がかさむ方式みたいだ。
は! これもネットじゃん。気をつけなくちゃ。
しかし悔しいなあ。

この記事のみを表示する

未分類

なんだか校正やら本画アップやらが
ごんごん集中していて
いっぺんにいろいろなものがやってくる。
130918_2009~020001
もしこれが自分の書いた文章だけなら
やれやれと思うところだが
それぞれが素晴らしい絵となって
返ってくるので、すごく楽しみであり、
でもラフを見たときと違って
色がついてくると、案外、文章がすかすかに思えたり
反対にうるさく感じたりするので
関係者の方々には悪いが
けっこういろいろ変える。
絵を見て、まっさらな気持ちで書く方が
案外ぴたっと絵にはまったりするから
面白いのだよね、絵本って。
130917_2353~020001
「私が出てくる絵本があるのよ。
端っこに描かれている本屋に
置いてある雑誌の表紙に」
相変わらずあんまり食べないのに
運動不足で巨体のニコ、7歳。

この記事のみを表示する

未分類

昨日の中秋の名月&満月は
ほんとうに明るい夜だった。
この間の台風が去って、空がきれいだった日。
130916_1757~020001
130916_1757~030001
この日も、雲がきれいだった。
普段、なかなか見上げる動作をしないので
頸椎まわりの筋肉がこわばっているのだが
こんなときこそ、見上げたい。
富士山もよく見えた。
私のガラケー、空に露出が合うと
黒富士になる。
130916_1757~01

この記事のみを表示する

未分類

130823_0947~01
普段から、玉ねぎの芽が出てきちゃったものを
水栽培したり、豆苗は切って、水につけて
何度か利用したり、ネギも根を残して水につけて
何度か使ったら、土に埋めてさらに収穫したり、
枇杷の種を植えて、今では枇杷葉をとったりしている。

『いもいも3人ぐみ』発刊を記念して、
さつまいもをちょっと残して水栽培した。
130830_1023~010001
でもって、少し枯れてきたので
今度は土に植えた。きれいな葉っぱだからね。
130920_1245~010001
さっつまー!(『いもいも3にんぐみ』参照)

ひかりのくに刊の竹内通雅氏との絵本シリーズ。

ごぞんじ! かいけつしろずきんごぞんじ! かいけつしろずきん
(2013/02/01)
もとした いづみ・作
竹内通雅・絵

商品詳細を見る


これに引き続いて、時代物三部作の二作目が
来年、オールリクエストで登場することが決まった。
『じごくのさたもうでしだい』
乞うご期待!

この記事のみを表示する

未分類

130917_1610~010001
これを見て「あ! 目白の志むらの期間限定
かき氷りんごキャラメルだ!」
とわかる人はすごい。
というより、これがかき氷だと
言い当てられる人はえらいと思う。

歌舞伎座に行きましょうと誘われて、
九月の新作「陰陽師」を見たいと答えたことを
ちょっと後悔しながら、九月早々
新歌舞伎座の椅子に座っていた。

うーん、これは歌舞伎じゃない。
歌舞伎座は天井が高くなり、
でも音響の面で劣ることはないんだろうけど
だーっと横に長い舞台と
どーんと高い天井で
ギターの音色が少しスペインチックなテーマ曲が
どうにも落ち着かない。

染五郎、喉にひっかけすぎて
ああお父さんはうまいんだなあ。
勘九郎、ところどころ父親を彷彿とさせるが
やはり足元にも及ばない。
ふたりで話しているシーンは
ごにょごにょ言っていて(まあ、張るセリフではないのだが)
声が届いてない、というか
あの歌舞伎座全体に響く声が出せていない。
あんまり好きじゃない海老蔵は
まあ頑張ってはいたが、伝わってくる芝居じゃない。
形だけだが、確かに表情を見せる舞台向けの顔ではある。
七之助は、年増の女が板についてきた。
菊之助はとてもいい。やはりこの人、すごいわ。
芸に対する執念みたいなものが伝わってくる。
染五郎と勘九郎の声が四方に広がらないのに対し、
愛之助と松緑の声と芝居は安心できた。

にしても陰陽師・・・これ、もうやらないんじゃない?
脚本や照明はいいと思ったが、
白い狐のぬいぐるみで五芒星を作ったり
大ムカデが出てきたり、
あの・・・ここで拍手? みたいな
なんとなく困り果てたような演出や
若手がいきなり新作に臨む頼りない感じが
どうにもいただけなかった。

ちなみに普段は私、歌舞伎は若手贔屓だ。
夢枕獏の小説や岡野玲子の漫画や
野村萬斎の映画とは違った歌舞伎ならではの舞台は
難しいのだろうなあ。
この中で一等賞を決めるならコミックかな。
最下位が一番高額な歌舞伎だな。
あくまでも私の感想なので
人によって全く違うと思うけど。

この記事のみを表示する

未分類

BGoPPlsCQAIa8qO[2]
欲張って、毎日予定をびっしり入れていて、
朝ご飯やお昼ご飯を食べる暇がなくて
でもそのとこをすっかり忘れているくらいなら
かっこいいと思うのだけど
ものすごく気にしていて、頭の中はそれだけ
みたいなときがある。
始終「ああ、食べる時間がないかもしれない」
「いや、どうにかなるかも」「あそこでさくっと食べられるかな」
「間に合わないや。断念しよう」
「食べられなかった」「お腹がすいてるかな、自分」
「案外、空いてないかも」「あ、ふらっとしたのは
空腹だからだろうか」「何か買って行くのはどうか?」
「食べる所がないか」などとずうっとみちみちと食事について考えて
過ごしているような気がする。
それが顔に出ているのだろうか。
昨日、3時の打ち合わせで、編集者が来るなり
「もとしたさん、お昼ご飯召し上がりました?」
と聞くので、ぎくっとしながら反射的に
「食べてないの」と答えてしまった。
なんでわかったんだろう?

いつか「ああ、そう言われれば食べてないな」と言って
わっはっはと笑えるような大きな人間になりたいものだ。

そんな忙しない日々、ポポタムでやっていた
おくはらゆめちゃんの個展の最終日に駆け込んだ。
駆け込んで良かった。素晴らしかった。
ひとつひとつがすごく良かった。

そして、ゆめちゃんが大人になっているのを横目で観察していた。
大人ったって、もうけっこういい大人なんだけど
彼女はスーパーでビールを買うと
年齢を聞かれちゃうくらい見た目、子どもなのだ。

前は個展で「おにぎり食べていいですか?」と
ぱくぱく食べていて、中学生のお留守番みたいな様子で
座っていたが、もうなんかすっかり大人になっていて
目の動きも安定しているし(病人みたいな描写か?)
堂々とした動きで人が来たら挨拶したり、人を紹介したりして
社交界での振る舞いが板についていた。

でも、ちゃんと「変」なものはしっかり持っていて
それが絵に表れていた。
しかも感覚的なものが研ぎ澄まされていて、
瞬発力みたいなものが加わって(自信とつながっているものなのかな)
物語がしっかりできていて、ああこの人はすごい画家なのだなあと思った。

そんなゆめちゃんの「大人のワークショップ」に
来月参加する所存だ。
近々、詳細が明るみになるかと思う。

この記事のみを表示する

未分類

4年9か月ぶりに、タイから帰国した友人が
いろいろとタイっぽい雰囲気を漂わせながら
浦島太郎ぶりを披露していたのだが
案外「半沢直樹」とかいうくせに
「これから女子会にも呼んだげるからさ」
というと
「女子会ってなに?」
ときたもんだ。
BTbltMDCMAEpbVZ[1]
友人が
「こういう私たちの集まりみたいなのをいうの」
と説明したが、彼はたぶん
女子会とはおばちゃんたちが集まって賑やかに喋る集いに
おじさんが加わることだと理解したのではと
ちょっと心配だ。

年に2度ほど帰国するニューヨーク在住の友人も
日本の情報はマメに収集しているのだが
どこかいつも懐かしい感じを漂わせている。
それだけ日本が目まぐるしく変化しているのだと思う。

7年後の東京はたぶん味もそっけもない
奇妙な街になっていると思う。

この記事のみを表示する

未分類

130911_1143~010001
見本が届きました!

帯の裏には
「世界の子どもたちに愛されて25年。
最強にユニークな魔女の絵本」

25年かあ・・・。
25年前は『MOE』で編集やってた頃か。

まじょのウィニーまじょのウィニー
(2013/10/08)
ヴァレリー・トーマス作
もとしたいづみ絵

商品詳細を見る


まじょのウィニー おたんじょうびおめでとうまじょのウィニー おたんじょうびおめでとう
(2013/10/08)
ヴァレリー・トーマス作
もとしたいづみ絵

商品詳細を見る

この記事のみを表示する

未分類

130911_0702~020001
最近、朝晩とても涼しい。

お弁当を作って二女を送り出し、
メールをチェックしたりした後、
ベランダで白湯を飲みながら
新聞を読んでいると
途中で体が冷えて部屋に戻ることになるのが
6時半頃。

昨日の雨がそぼ降る朝にぴったりの
新しいマグカップ。
130911_0702~010001
市居みかさんの絵。
良いなあ・・・。

待ちきれなかった7時半のBSあまちゃんが
最近は、やれやれ、ここまで見たから仕方なく見るあまちゃんへ。
130911_0703~010001
わりと新入りのクランベリーたち。

この記事のみを表示する

未分類

matsushita002[1]
吉祥寺のにじ画廊へ。

絵本ワークショップ「あとさき塾」13期生有志グループ展
えほんカラ
2013年9月12日(木)~9月17日(火) 12:00~20:00

まつした さゆり  西開地 優子  辻 紗也香  田中 六大  田窪 麻希
たかぎ ちほ  鈴木 高徳  佐久間 ちかこ  黒田 愛  くろせ ゆみ
えだ かのん  ウツモト マユミ  ウエダ ヒロコ  入江 真衣子

会場に入ると、初日ともあって、すごいにぎわい。
同窓会みたいでもあり、赤ちゃん率も高く
活気に溢れている。

そこでブログの記述について
田中六大さんより誤りを指摘される。

かつて砂漠で迷子になったのは
僕ではなく、妻である、と。
あれ、そうだっけ?
人の話をいい加減に聞いている証拠だな。
ええと、それで六大くんは
モロッコで迷子になって町はずれまで行ったことがあった
んだっけ? モロッコじゃなかったっけ?
また訂正されるかもしれない。

「あ『まよいみちこさん』の色校、昨日見に行ったんですよ」
「え、ほんと?」
「見ますか? 今持ってるんで」
「見る見る!」
と、見たら
「あ、これ、送ってもらったんだったわ」

ものすごくいい加減な俺様だ。

『まよいみちこ』で検索すると
迷い道 渡辺真知子
が出てくる。
ああこの歌が頭の中でぐるぐるする~~う。

田中六大さんとはもう一冊、進行中の絵本がある。
それももう本画があがって入稿したとこ。
どちらも相当すごい。

この記事のみを表示する

未分類

オリンピック・・・。
私のまわりでは「あーあ」という人ばかりだが
あ、違う。体玄塾の先生だけは
7年後に向けて選手を育てたい! と
明るい表情で言っていた。
ま、中にはそういう方もいるだろうが
しかしこれからテレビでの洗脳が始まるのだろう。
おそろしいことだ。

東京オリンピックが決まったことを
何にたとえたらぴったりくるかなと
思っていたら、まさにドンピシャ!
これやこれや、これでんがな!
ぽんと膝を打ちました!

濱田真実さんのブログ

この記事のみを表示する

未分類

昨日の朝、ちょっと遠くのパン屋さんに向かって
歩いていたら、人だかりが見えた。
遠回りだけど、野次馬なのですぐ見に行った。

目を疑ったが、それは幼稚園の柵につかまった
親たちであった。
ただ自分の子を見ているのだ。

うちの娘たちは保育園だったので
預けたらソッコー帰った。
いや、でも前は幼稚園でもこんなことなかったよねえ?
送った親たちが父も母も、わが子が
ボールを蹴ったり投げたりしているのを見学しているのだ。

送りの時間でもあり、自転車でやってくる親子もいる。
自転車も親たちもそこらにぐちゃぐちゃにあって
母親たちがお喋りする光景とは違う
黙って自分の子どもをじいっと見ている姿が
なんだかこわかった。

二女がこの間「購買部からお菓子が消えた」
と嘆いていた。
「どうして?」と聞くと
「中学生の親が電話したからだって」と言う。
「ねえ、母さん、学校に電話して」
「お菓子置けって?」

親が学校に電話するといろんなことが変わる。

長女が高校時代、
文化祭の日、ぷりぷりしながら早朝に出かけて行ったのは
中学生の親が、吹奏楽部のプログラムに書かれた
自分の子どもの紹介文が気に食わないと
学校に電話し、全部刷り直すことになったからだった。

今年の12月、私は出身大学の合唱団定期演奏会で
歌う予定だった。
OBOGステージに向けて、これから練習が始まるので
張り切って楽譜を購入していたのだが、中止になった。
発端は大学1年の親が大学にかけた電話だ。

まず、団長が保護者向けに「定期演奏会後の打ち上げ参加のお願い」
なるものを出したそうだ。
ここでびっくり! 今はいちいち親に手紙を出すのか。ご苦労なことだ。

で、これを読んだ親が大学に電話。
おそらくアルコールについての確認だと思われる。
それにより大学側から学生に注意があったようだが、
打ち上げが行われた後、またこの親が大学に電話し、
未成年者の飲酒が発覚し、
結果、合唱団は今年度の活動停止と来年度からの同好会格下げが決定した。
よって練習も合宿も何も行えず、演奏会も中止。

これは長女の大学から届いたもの。
130815_2009~020001
保護者に向けて・・・・。
これ、集まったのかなあ? 
就職しても、保護者向け入社説明会とかあるのだろうか。
入社したら、保護者会とかあるんだろうか。
おそろしい・・・。

この記事のみを表示する

未分類

久々にクレヨンハウスに行った。
いや、そんな久々でもないんだけど
まわりの店の様子がいつもと違っていて
「いつのまにこんなことになった?」
とおったまげたのだった。

「FASHION’S NIGHT OUT 2013」が、9月7日(土)に開催決定!
今年で5回目を迎える世界最大級のナイト・ショッピング・イベント「FASHION'S NIGHT OUT(ファッションズ・ナイト・アウト」(以下FNO)が、2013年9月7日(土)に開催される。
US版『VOGUE』の編集長アナ・ウィンターの呼びかけで2009年に始まったFNOは、パリ、ミラノ、ロンドンをはじめ、世界19カ国のVOGUEがグローバルに一致団結し、ファッション業界の活性化と、景気回復の促進を目的として開催する、深夜までショッピングを満喫できるショッピング・イベント。

なんて読んでもさっぱりわからないが
要するにこの日、この地帯は
異様なお祭り騒ぎで、派手な格好をした若者たちが
あちこちで行列していたり、
お店が無料で配るシャンパンを飲んでいたり
なんか光る輪っかをつけていたり
という表現はものすごくお婆さんな感じだけど
たまたまそんな夜に、表参道にいたからたまらない。
いつもはわりと閑散としているお店に
ぎっちり人がいて、フラッシュなどたかれている。
参道ヒルズだって、大抵店員が暇そうにしているが
ものすごい人だった。

いや、クレヨンハウスの話だった。
夜になるまで、ここで市居みかさんと
村上康成さんの対談を聞いていたのだ。
子どもの本の学校、9月の講座。

市居みかさんとは
おっとどっこい しゃもじろうおっとどっこい しゃもじろう
(2012/10/01)
もとした いづみ・作
市居みか・絵

商品詳細を見る

をご一緒している。

このあいだブックトークコンサート
この本を朗読してくれたそうだ。
市居みかちゃんの声は低く、落ち着いていて
とても聴き心地が良い。
このレポートに
「最後は「おっとどっこいしゃもじろう」の歌を会場のみなさんとともに
元気よく大きな声で歌ってくださいました」
とある。
市居さんに聞くと、チェロとピアノの人が作ったそうで
歌はオペラ歌手の人なんだろうか?
一体どんな歌なのか想像つかない。
聞いてみたい~~!

この記事のみを表示する

未分類

田中六大さんのBLOGに、おそるおそるアップされているけど
そうなんです、私も発売前だとけっこうびくびくして載せるんだ。
でも最近は、ツイッターなんかで絵描きさんがラフや本画を
「今日はここまで描けた」なんて載せていたり
事前に発売前の本の情報をネット上で公開している人がいたり、
中には、まだ絵描きさんに依頼した段階なのに
再来年発売予定! なんて大胆な告知もあって
いまだにこっそりしているのも時代遅れなのか?
と思うのですが、六大さんも用心深い人らしい。
そんなビクビクっぷりも楽しい
田中六大さんが、とうとう情報公開!

といっても来月発売の絵本で、
原画展も決まっているわけなんですが。

DMの絵をブログから勝手に引用してしまいます。
(小心者なのか大胆なのかわからないな)
20130907_424497[1]
これは中の一場面。
表紙はいずれ!

『まよいみちこさん』
もとしたいづみ・作 / 田中六大・絵 小峰書店刊

道に迷うのはごく日常なもとした、
砂漠で迷ったこともある六大さん、
そして先日も世田谷文学館から
無謀にも道案内して全員を迷子にさせたばかりの編集者、小林さんが送る
方向音痴絵本。

発売までしばし待て!

そして大事な原画展のお知らせでした。
10月25日~30日
吉祥寺トムズボックス+ギャラリーにて。
田中六大在廊日もけっこうあり。
私もなるべくいるようにします。

詳細は後日!

この記事のみを表示する

未分類


まじょのウィニーまじょのウィニー
(2013/10/08)
ヴァレリー・トーマス/作
もとしたいづみ/訳

商品詳細を見る
まじょのウィニー おたんじょうびおめでとうまじょのウィニー おたんじょうびおめでとう
(2013/10/08)
ヴァレリー・トーマス/作
もとしたいづみ/訳

商品詳細を見る

見本が出来ましたと電話をもらったので
あ、そういえばそうだったとネットで見たら、
版元の静山社のHPにもアマゾンにも出ていた。
最近、本の情報が出るの、早くなった?
この2冊が10月発売で、もう1冊のこれ
まじょのウィニーとまほうのパソコンまじょのウィニーとまほうのパソコン
(2013/11/06)
ヴァレリー・トーマス/作
もとしたいづみ/訳

商品詳細を見る

は、11月発売。
静山社のHPは
 
ハリーポッター 外国文学 単行本 文庫 

という部門別。
外国文学は単行本じゃないのか、とか
ハリポタは外国文学で単行本なのでは? とか
いろいろ思うのだけど、
この「まじょのウィニ―」シリーズは
単行本のところにあります。

この記事のみを表示する

未分類

BS_vI-1CQAEiYsc[1]
この間の日曜日ほど、翌日の「あまちゃん」を
見たくなかった日はなかった。
2011.3.11の日を描いた月曜日の回は
ドラマというより、みんなそれぞれの
あのときを思い出して、涙を流して見たと思う。
トラウマになっていることを実感し、
まだまだ過去になれない気持ちと
実際、全く過去なんかになっていない現実。

今までクドカン脚本のドラマとして
面白く見ていた「あまちゃん」だが
このときから「ああ、そうだったそうだった」
「こんなふうだったよね」と
そんな見方になっていた。
始終、不気味な音を立てる携帯や
船酔いみたいになるほど揺れ続けていた日々。
怖かったけど泣けなかった。
疲れ果てて眠りたかったけど
寝てなんかいられなかったあの頃。

そしてここ数日、ようやく終盤に向けての朝ドラとして
見る姿勢になりつつあるというときに
すごく気にはなっていた描かれない原発事故が
単に触れられないというだけでなく
え? え? と立ち止まらせていることに
気づいた。

女子がひとりで岩手に帰るとき
まわりの反応はこうだっけ?
こんなニコニコ笑って「地元に帰るんだね」程度だっけ?
放射能を浴びに行くのか! ぐらいな感じで
止められたべ。

そしてもしかしたらこれから海に潜るのかよ・・・。
ウニ・・・採るのかよ。
おいおいおいおい・・・。

久々にのめり込んで見たテレビ番組だったが、
ここへ来て、キョンキョンのナレーションの邪魔さ加減とともに
(宮本信子はうまかったなあ。ま、三人三様の
全く味の違うナレーションにしているのはわかるが)
一気に熱が冷めてしまった。

クドカンのブログによると、
最後は結局NHK側に負けたそうだが、
クドカンが書いて不採用になったのは
どんなラストだったんだろう?