もとしたいづみ は どうした!

作家もとしたいづみ の 働きっぷり

池ノ上

バイトが終わったばかりの娘と待ち合わせしていた。
「今、池ノ上」とメールすると
「どこ、それ」と返信。

ま、確かに知名度は低いかもしれない。
井の頭線で各駅しか止まらない駅だ。

初めて行く場所は楽しい。
というより、幼少時より、全国各地を
転々としていたせいか、定期的に
知らない場所をうろうろしないと
心が曇るような気がする。

池ノ上、たぶん初めて。
どんな街なのか?
130727_1707~010001
振替納税推進の街
と明快な答えが駅のすぐそばに掲げてあった。
よくわからん。

世田谷の高級住宅街を歩くと
世田谷に住むことがステイタスであることや
事件が多い地域だということがちょっとわかる。
そして世田谷といえばこれだ。
小学校の壁。
130727_1703~010001

とにかく急いで向かっているので
立ち止まってはいられないのだが
真っ先に目に飛び込んできて
気になって仕方がなかったのがこれ

130727_1706~010001

「あれ、気になりましたよね。もやし6㎏」
と言うと、誰も知らないというから
もしや幻なのではと思ったが、よかった!
帰りに安堵とともに撮影。
あんなのが自分にだけ見えてしまったら
どこがどういう症状なのか見当がつかない。

大きなお世話

そういえば、文化村のレオレオニ展を出たところ、
書籍売り場で3人の60代前半とおぼしきおば様方が
「あ、ほらほら、ここ」
と雑誌を広げて話している。
「このひげ!」
「あら、やだ」
と楽しげだ。
楽しげなのはいいが、そこに立ちはだかる3人が
商品に手を伸ばす隙間を埋め
通り抜けることができないので
無理矢理通ろうと思い、接近したところ
どうやら「てくてく座」について話している模様。

「東北の方でやって、すごく評判良かったの」
「あ、そうなの?」
「でもこっちでもやらなかった?」
「やった、やった。それ、私体調悪くて行けなかったの」
「私も用事があって行けなかったのよ。」

なんだよ、みんな見てないのか。
ちらっと見ると、どうやら長谷川さんファンらしい。

長谷川さん、塩竈公演には出なかったらしいですよ。

と言いたかったがこらえた。

BPiBPxmCQAIr5oM[1]

盲導犬

ちょいと今、事情があって
仕事もお出かけもしにくく、
家にもあまりいない状況なのだけど
(あ、ご心配なく。本人関係者体調に関する理由ではない)
昨日はかねてから約束していた芝居を観に渋谷文化村に行った。

ついでにレオレオニ展を覗き(夏休みで親子・・・
というより、走り回る子どもたちと
立ち話しに来たんかい! な母親グループ)
シアターコクーンで『盲導犬』観劇。

『あまちゃん』の影響だと思うけど
古田新太が何か言うたび笑う観客に辟易した。
笑わせる台詞じゃないんだが。

木場勝己はうまいなあ。
木場と宮沢りえはとても聞きやすくいい声だった。
犬たちも楽日まで大変だなあ。

そういえば

130718_0650~010001
見本を送っていただいたとき、
帯付きのものを撮影したんでした。

130718_0649~010001
これは表4。

解説/もとしたいづみ

誰や!? となるんでしょうなあ。
でも群ようこのファンはおおらかな気がする。
まあ、誰でもいいやん。

土曜日、二女の演劇の公演を観に
朝早くから出かける。
近くの駅から、いろいろな学校の生徒が
並んで楽しげに歩いていたり、
何故か等間隔に離れて無言だったり
顧問の先生が切符を買うのを、全員じいっと大人しく見つめていたり、と
その学校の演劇部の様子が見えてくる。
会場が娘の高校の講堂だったので
帰るとき「あ、学校に来たら何か1枚、撮影するんだった」
と、出てから思い出したので、
(そして数歩で外に出る構造なので)
慌てて入口のレリーフを撮った。
次は入口の「さすまた、催眠スプレーあります」を
撮ろうと思う。
130721_0950~01

小福歳時記

小福歳時記 (集英社文庫 む 3-10)小福歳時記 (集英社文庫 む 3-10)
(2013/07/19)
群 ようこ

商品詳細を見る


ぼやぼやしていたら、先週発売になっていました。
群ようこのエッセイ集です。
解説を書かせていただきました。

椎名誠さんもそうだが、群さんもハンパなく多作で
しかも人気があるため、次々と文庫になっている。
さすがにもう解説書く人がいなくて大変なのだと思う。
私などにお鉢が回ってきました。

エッセイは面白くて役に立つので、是非!
なんてこんなところで宣伝しなくても
勝手に売れるんだろうなあ。いいなあ。

仔猫

130714_1546~010001
友人宅で飼われることになった
荻窪警察署の落し物課にいた生後6週間の猫。
かわいい。
130715_1530~02
うちに帰ると、ぼよよ~んとでかいうちの猫、ニコ。
でもこのひとだって、生後3週くらいで家に来たときは
小さくて細くてやんちゃで
060517_0903~001
はかなげでかわいかったのだ。

5刷

平和なコブタの食堂のお話。
こぶたしょくどう (おはなしドロップ)こぶたしょくどう (おはなしドロップ)
(2010/04)
もとした いづみ作
さいとうしのぶ絵

商品詳細を見る

めでたく重版のお知らせ。
わーい、ありがとうございまーす!

今週は重版になった
あかちゃん社長がやってきた (講談社の翻訳絵本)あかちゃん社長がやってきた (講談社の翻訳絵本)
(2012/10/11)
マーラ・フレイジー作
もとしたいづみ訳

商品詳細を見る


すっぽんぽんのすけ (たんぽぽえほんシリーズ)すっぽんぽんのすけ (たんぽぽえほんシリーズ)
(1999/11)
もとした いづみ・作
荒井良二・絵

商品詳細を見る

が届きました。

あと、もうじき発売のあの本の見本も・・・。
それは後日、お知らせします。

期日前投票


さっき行ってきやした!
投票に。
すごく混んでた。

投票に行こう! ステッカーの話が話題になっている。
東京新聞には発案者の和田さんの写真が一面に!

和田さんっ! 
たごもりさんのステッカーも出ていた。
たごちゃんっ!

投票に行くと特典あり、というお店もあって
娘は投票すればアイスがもらえるお店のHPを見て
どのアイスにするか考えていた。
でも、アイスをもらえても、
割引価格にならなくても、
「戦争大好き♡」って人じゃないかぎり
投票しないと大変だよ。

テレビなどでは
「うーん、でもそこまで興味はないっていうか」
とか
「いろいろあって、言ってることよくわかんないし、ね」
とか
「わざわざ投票に行くほどでもないかな」
なんて言ってる人がいて、
顔映っちゃってますけど恥ずかしくないんですか?
と心配になる。
海外で流れるとき、下に字幕が出るとしたら
「あたし、ばかで~~す」
だろうか。日本語で字幕は出ないか。

テレビの取材だからもちろん
「福島の原発の問題が解決していないのに」
とか
「いまだに仮設住宅の人が・・」
とか
「憲法を変えて、戦争をしたがっている自民党には」
なんて発言は流さないのでしょうが
それにしても投票率低そうな予感。

よくわからないという人!!
巧みな言葉でいろんなこと言ってるが
わかりやすく、ひとことで言うならば

戦争したくないなら自民に入れちゃだめ。

オレ、ばりばり戦争好きっすから。
戦地に行って、人殺したり拳銃で打たれて死ぬとか
マジ本望っていうか
知り合いとかオレの子どもや親戚なんかも
殺されたりって想像するだけでめっちゃ興奮っすよ。

という人は自民党に入れてください。

それすらわかってない人がたくさんいるようなので
老婆心ながらここで吠えておきます。
さて、と。逮捕されるかな?

戦争に行かないと死刑

「天才バカボン」の予告のあとに
「見ない奴は死刑なのだ」と言うが、

自民党の石破幹事長はテレビで
「戦争に行かない人は、死刑」と言った。

「戦争に従軍しない人(今のところは自衛隊だけど)を
軍法会議にかけ、最高刑罰に処す」
つまり、今の法制度では死刑にする、と。

徴兵制が出来たら、徴兵拒否すると死刑になるということだよね。
こんなことを、ゴムかぶったような顔で淡々と話す様子が怖い。
そして、そんな自民党に票を入れちゃう人がいる
日本という国が怖い。というか、恥ずかしい。

なんてことをブログに書くと、圧力がかかるのだろうか?

先日、福島駅での安部首相の街頭演説で
ある主婦が「原発廃炉に賛成? 反対?」
というボードを掲げようとした。
直接聞きたいけど、無理だろうなと思った末のアイデアだったようだ。

でも、掲げる前に、警察官と自民党スタッフに取り囲まれて
そのボードを没収され、名前や住所などいろいろ聞かれたそうだ。

1週間後、それは教えたはずのない勤務先に
送られて来たという。

今日は涼しいけど、暑い夏には相当効く
ぞぞぞっと鳥肌が立つ話である。

この話は新聞でもネットでも話題になっているが
それでも記事をアップした途端に
「ぴんぽ~ん!」と来るんだろうか?
あ、見張ってる!

539215548[1]






猫草

BK3qxBPCIAA7rpq[1]
お、猫草が生えて来た。と言われて、はあ、なるほど、この真ん中の草が猫草か・・・
と騙されかける暑い夏の日。

うまい棒1本だけ買ったら消費税いくらですか?

これも、はあ、なるほど。そうか・・・と思いかける。
YAHOO!知恵袋はけっこう参考にしていたが、鵜呑みにしてはいかんのね。

清志郎

BGoNpQQCUAA9KI_[1]
欲張りなリス。
今日ちいさなリスのような仔猫を抱っこしたので
その感触が手や胸元に残っていて幸せだ。

今テレビで清志郎が歌っている。
「2005」年と言っている。
「さすがノリのいい客だ。さすがフジロックだぜ」
と言っている。
「ちっとも戦争がなくならない」
と言っている。
すごく悲しそうな顔で。
戦争を憂うのは、原発はいけないと訴えるのは
ずっとキヨシローのスタイルぐらいに
軽く聞いていたなあと思う。
今、身に染みて、本当にそうだよなあと思う。
じんわりきた。

フジロック。今年はケロポンズが出演します。
みんなで苗場に行こう!

ホットケーキ

アメリカから初上陸だの
(アメリカは空中なのか? いや、そうじゃなくてもいうか。上陸。)
3時間並ぶだのと、
今、やたらとパンケーキの店がもてはやされているが
パンケーキなんて所詮、粉と卵と牛乳を混ぜて焼いただけで
勝負どころは生クリームがこれでもかともりもりだったり
果物がどかんと乗っていて、出て来たときだけ驚く
程度だと思うので、そのためだけに並ぶのはいやだ。

でも、おいしいホットケーキが食べたくなるときはある。
分厚いのが有名な店もあるし、ああここのは素朴でおいしい
と思うところもあるが、私がいつも「やはり一番おいしい」
と思うのは外苑前の「香咲」だ。
130704_1521~010001

この間食べた浅草のパーラーゴトーのホットケーキも
おいしかった。素朴系。
130625_1200~010001

粉ものって、心を込めるかどうかが出やすいので
パンケーキなどという流行の名前に寄りかかって
てきとーに作っていると、すぐにばれてしまうのだと思う。

そういえばもうなくなってしまったが
神田の万惣のホットケーキは有名だったけど
そんなにおいしいか? と思っていたので
大抵別のものを頼んでいた。

でも、昔、ホットケーキをおいしく焼くおじさんがいたことは
確かだったようで、そのときの誉れが加味されていたのか
お客がそれに洗脳されていたか、そりゃまあ
「ここのはおいしい!」
「行列するので有名」
と思えば、有難がって味わうものだよなあと思う。

なんて話とは全く関係ないが、昨日
『ぺんぎんちゃんのぼうし』という絵本を
譲ってもらった。
月刊誌なので、版元にはないのだが
評判はいいし、でも市販化はされないようなので
ほしいなあと思っていたら、なんと
あるところにはあるそうで、
というか、本気で探せばあるものなのでしょうな。
「仕入れましたよ!」
と聞き、さっそく持って来ていただいた。

そして残りにはサインを入れて・・・
経堂のウレシカにはあります。
203-71cc1[1]

ウレシカはここ

明日までのどいかやさんの原画展、ああ行けるかなあ。
『チリとチリリ ちかのおはなし』

じっちょりん

昨日、吉祥寺、トムズボックスギャラリープラスで
かとうあじゅさんの絵本原画展の初日。
「じっちょりんのなつのいちにち」
小さな「じっちょりん」の描写は
ああ、こんな所! わあ、この影! 
と自分もじっちょりん化しつつ楽しめる。
シリーズ3冊目。
17日まで。


本家のギャラリーでは7月は毎年恒例
荒井良二展。
お子さんはもう10か月になるのかな?
赤ん坊の面白さが伝わってくる。
いいなあ。男性作家。
えー・・・多くは語らないが・・。
(かなり、書いては消してを繰り返した)

130708_1924~010001
この野菜はなんでしょう?

130708_1935~010001

茹でたらこんな感じ。
正解は「丘わかめ」。
茹でたらわかめのようになる、と書いてあったが
うーん、味も食感もつるむらさきに似ている。
おいしかった。

「おかひじき」は見た目がひじきだから
おかひじきでいいと思うが、これは、うーん・・
茹でたとき、わかめに見えないこともない、程度で
わかめと名乗っていいのだろうか?

130706_2052~010001
これは先日食べたタカノのワッフルフルーツセット
だったか、そんなようなタイトル。

また食べ物。最近動物写真も増えてるし。
「もとしたの仕事っぷり」を
伝えるブログなのだが、日々の仕事っぷりは発売前なので
直前になるまでこそこそしているものだし
進行中の仕事を伝えてはまずいのではないかと
(絵描きさんならいいけど、絵を出すわけにいかないし)
結局、「仕事以外の様子っぷり」に、わずか仕事関連を
混ぜてお茶を濁しているような状態か。
ううむ。

水辺は涼しいのか

はて? おれは何故ここにいるのであろう?
543652581[1]
なんでもいいから早くどいて!

みなさま、ご心配おかけしましたが
もとしたは生きております。

さきほど新クーラーがやってきました。
そもそも家に1台しかクーラーがないこと自体
今じゃ珍しい、ということに気づいた。

でも、5年くらい前は、クーラーって
ほんと使わなかった。
一夏に1,2日。
それが今はクーラーなしでは息ができない。
ハンパな暑さではないので、頭痛や吐き気、めまいなどの
症状が出ます。
なんだろ、これ? と思っている不調なあなた。
暑さのせいかもしれませんよ!

気温が上昇してきて、じっとしていると、
血管内の血液(ま、そうか。血管外の血液は出血だ)が
ふつふつと沸騰している気がしてくる。
それが主に頭部にたまり、足の方に流れない感覚がある。
いわゆる「冷えのぼせ」だ。
案外、足は冷えてるのだよね。こんなに暑くても。
なので、意外だけど、足湯や腰湯をすると
けっこう頭痛、吐き気などは治まる。
シャワー浴びると、一時的に涼しくなるけどね。

しかしたぶん光化学スモッグが原因の症状もあると思うなあ。
注意報や警報の基準が変わったのかなあ?
一時期毎日出ていたものだが、たまにしか出ていないし
ひっそりと出ている。

クーラー嫌いで、夏でも日向で寝ていたうちの猫も
さすがに昨日、今日は、わずかに風の通る廊下で
ぐったりしていた。
私も真似てみたけど、風はときどきぴたっと止まる。
途端、汗がじわじわ出てきてだらだら流れ
呼吸が苦しくなる。

年々暑くなっているとは思うけど、年齢もあると思う。
40代後半から、暑さが体内にこもる傾向がある気がする。
更年期ののぼせと合体か!

夏、大好きな人、暑いの平気な人、
50度ぐらいがちょうどいいって人、
みんなうらやましい。
これから人間はそういうタイプが生き残り、
暑さに耐えられる傾向が強まって行くのかもしれない。

そうだった

130709_1956~010001

昨夜、国立演芸場の売店で発見したもの!
決定版 心をそだてる はじめての落語101 (決定版101シリーズ)決定版 心をそだてる はじめての落語101 (決定版101シリーズ)
(2008/10/31)


商品詳細を見る


豪華絵描き陣と、豪華ライターの末席にわたしもおりまする。
いしざきさん、れいじょうさん、かねはらさん、そして、もとした。

130710_1957~010001
さっき落合で見つけた店。
いつも昼間しか通らないので気づかなかった。
で、これはどういうお店?
昔の歌謡番組を流しているスナックなのかな?

マンゴー

まだこんなに暑くない頃に食べた
浅草はゴトーの宮崎マンゴーパフェ。
ここはクリームがすごくおいしい。
もちろん元果物屋さん、果物がおいしいのは
言わずもがな。
130625_1249~010001

家で唯一のクーラーが壊れていて
でももしや直ったかもしれぬと
この暑さの中、何度も試したが
ぬるい風がぼよぼよーっと出てくるだけだ。
新しいクーラーが取り付けられるのが
いよいよ明日の夕方と迫ってきて
あと少し、あと少しと言い聞かせているが
一昨日の夕方からはけっこう涼しかったよね。

昨夜は国立演芸場へ講談を聴きに行った。

『会津藩祖保科正之』は、説明の中で
「テレビでは綾野剛さんの役」と言ったりして
NHK大河ドラマを見ていないから、わかんない~。
しかも「続きはテレビの方で・・・」と終わった。
途中、驚きの場面では「じぇ! じぇじぇじぇー!」と
NHK朝ドラを見ていないと、よくわからない驚きの声。

昔の講談とはずいぶん違うんだろうなあ。
今、マイクだしね。

たなばたセブン

たなばたセブン (ワンダーおはなし絵本)たなばたセブン (ワンダーおはなし絵本)
(2012/06/02)
もとした いづみ作
ふくだいわお絵

商品詳細を見る

今年はこれが最後なので、でかでかと。すんません!
7月7日はたなばたセブン!
とか言っておきながら言いにくいのだが、
たなばたは旧暦の7月7日ですからね。
晴れだと会えるという織姫彦星は
悪いけど、お互い低い位置で、かなり離れている。

今年は8月13日が七夕らしいっす。
この頃になると、二つの星はかなり上の方で
まさに天の川を挟んで光っているようだ。

754173247[1]

ロマンチックな気分に浸っている人には
申し訳ないけど、そういうことだ。

ワークショップ

暑いので涼しげな鳥のヒナの写真を。
BOS1HljCcAAn50x[1]

先日は、何をやるのかさっぱりわからない
ワークショップに参加した。

なんかわかんないけど「元気になる」と書いてある。
だが「表現者でなくても、気力と体力がある方」ともある。
朝からクーラーの壊れた家にいて、頭ガンガンするし
歩いてもよろよろするし、脱水症状、熱中症な
こんなんで参加して途中でぶっ倒れたりしないだろうかと案じながら
それでも行ってみた。
一緒に参加する友人も二人いるしね。
朝日カルチャーセンターの緊急講座
「夏木マリのワークショップ」だ。

夏木マリといえば、絹の靴下と
湯婆~ばと朝ドラの「カーネーション」しか
知らなかったが、著書などで少しは予習して臨んだ。
参加者は演劇人ばかりかと思いきや、
朝カルの性質上そうだろうなとも思うが
会社にお勤めの女性がほとんどの様子。

内容もなんとなく、幸せな女になるためのワークで
気力も体力もなくてオッケーな内容だった。
でも確かに元気になりました!
(クーラーがきいていたからかもしれないけど)

しかし何が驚いたかって
斎藤ノヴが、おなじみのサングラスをかけて
腕を組み、前でずっと見学していたことだ。
そしてそれをおそらく参加者は誰も気づいていない。
目の見えないおじさんがいるけど
なんか事務所の人? ぐらいな認識って気がした。

妻の仕事を温かく見守る夫。
他人事ながら気恥ずかしい光景だった。

ずっと朝日カルチャーセンターにお勤めの石井さんの姿を探していたが
見つからず、今日はいないのかなと思いながら
夏木マリの新刊にサインしてもらって
さて帰ろうかと思ったら「あ! 石井さん!」。

(な、なんで?)という顔をしている。
そうだろそうだろ。
石井さんとはときどき会うが
最初の出会いは、
あべ弘士と行くズーラシアツアー。
朝日カルチャーセンターの講座で彼女の企画だった。
次があべ弘士と行く井の頭公園ツアー。
で、ひとりで参加したら、たまたま石井さんが担当だった
古武術の講座。
次が夏木マリだ。

この人、何してるの? と思ったと思う。
すみません。興味の赴くまま、です。
でも仕事も相当していると思うので許してね。

あばずれ

入ったことはないが、気になる店
創業100年のデンキヤホール

130625_1438~010001

こんな喫茶店にはきっと昔ながらの
「あばずれの食べ物」ナポリタンがあるんだろうなあ。
あまちゃんを見ていないとわからない話題ですみません。
ついでに・・・「小太りの愛犬家」は、寿司屋「無頼鮨」の大将の長男だって。
ファブリーズのCM内での話だが。

なんていう小ネタで終わろってしまうところだったが
いやいや違いました。

昨日はMAYAの松成真理子さんの個展へ。

「手ぶくろを買いに」原画展。描きおろしもとてもよかった。
きゅう~んといとおしい気持ちを湧き上がらせてくれる
すごい作品たちだなあと感動していたら、松成さん登場。

松成さんとは、ちょっと前、中野の古民家見学会で
ばったり会ったばかり。
松成「なんか勘違いして、この前会ったまふみさんに
『この間、会ったよね? 古民家で』って言ってさ『え?』って言われて・・」
もとした「かとうまふみさんに? シーモアのイベントのとき?」
「そうそう! ははは」
って・・・・わからん。マツナリ・・・。
それ、意味がわからん勘違いだ。
ギャラリーハウスMAYA
「きゅん♡」としに行くべし!
6日まで。

その後、てくてく歩いてビリケンギャラリーへ。
角を曲がった時点で、タダナラヌ空気が。
そう、普段ではありえないような
絶え間ない来客。
ミロコマチコ、すごいわ。
テレビ、すごいわ。
とはいえ、気づいたら私も去年から
カレンダーや小さな絵や、Tシャツを購入してるなあ。

ビリケンギャラリーこちらは10日まで。

ヒーローもの

『すっぽんぽんのすけ』重版のお知らせ来る。
すっぽんぽんのすけ (たんぽぽえほんシリーズ)すっぽんぽんのすけ (たんぽぽえほんシリーズ)
(1999/11)
もとした いづみ・作
荒井良二・絵

商品詳細を見る

ええと・・・19刷みたいです。
ありがとうございます!

ヒーローものを、とリクエストされるときがある。
これも、そうだっけ? いや、ダジャレから入ったんだっけ?
元気のいいのをイッパツ、って感じでしたっけ?
たなばたセブン (ワンダーおはなし絵本)たなばたセブン (ワンダーおはなし絵本)
(2012/06/02)
もとした いづみ・作
ふくだいわお・絵

商品詳細を見る


今シーズンなので、書店の七夕絵本コーナーをよく見るが
一度も見たことないのは運が悪いのだろうか・・・。
BMxIW0eCAAAype5[1]
でかい画像ですみません。
セブンの落し物みたいです。
頭んとこの突起部分ね。
ひゅうんと投げて、戻る奴。
くっつく部分が弱くなっていると
こういうことになるんだね。
よく見ると、マジックテープか?

で、時間がないからさあ、あいつら。
気になりながらも帰っちゃったんだね。ウルトラの星に。
どうすんだろ?
新しいの注文して、出来上がるまで
怪獣退治できないよね。
これないと、ちょっとマヌケだし。

怪獣たちよ、今がチャンスだ!

商店街

商店街好きを公言している私だが、
浅草ひさご通り商店街を歩いたのは
もしかしたら初めてだったかもしれない。
130625_1125~010001
通り入ったら、いきなりこれですわ。
天候に左右されないアーケード商店街の強みでもあるが
でもこれ、品出しだけでも大変じゃない?

新聞読んでる店のおじさんが帽子の中に埋まっていた。

 | HOME | 

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事

検索フォーム