猫とワタシ

もとしたいづみ は どうした!

作家もとしたいづみ の 働きっぷり

この記事のみを表示する腰巻

未分類

腰巻というのは「本の雑誌」用語だっけ?
椎名さんが言い出したんだっけ?
いつも「帯」とは言うけど、心の中で一旦
「腰巻・・・では通じないんだった」と呟く。

(昨日は心の中で呟かずに
「自家製ジンジャーホットドリンクのホット!」と言って
一同の失笑を買い、店員まで吹き出していたが
私のような者は、なんでも一度心の中で言ってみるのがいいのだろう)

重版になると大抵、見本が新たに届く。
開けてびっくり!
IMG_2069.jpg
っていうか、このサイズはどこかで調整できるんだと思うが
見つからない。まずはでかくてびっくりだ。
この帯・・・なに?
背はこんなふう。
IMG_2070.jpg
ほんとに写真が大きい。ではなく、帯だ。
元々はこんな素敵な帯だった。
帯句って編集者の思いやセンスが表れているので
とても嬉しいものだ。
またどどんと大きいのが出ると思うと気が引けるが。

IMG_2071.jpg

あれ? 縮小できるところを見つけたから
やってみたんだけど・・・変わらないか。
うーん。
そう、こんなのだったのだ。

びっくりしていたら、昨日手紙が届いた。
『長崎県読書感想文コンクール』と
『京都新聞お話を絵にするコンクール』に
選定されました。
というのだ。そういうわけか。

帯といえば、この間、絶版記念に送られて来たこれ。

IMG_2072.jpg
今度はもしかしたら「小さくしすぎたか?」と思いながら
他のところで思いっきり縮小してみたが・・・同じだな。
ひとりで試してからやれよと思うよね。ごめん。

ええと、これは映画公開からしばらくは
この帯がついていた。
だからけっこう売れたんだと思う。
が、その後は帯なしで純正な児童書として出ていた。
久々にこの帯を見て、かなり前のモー娘。だし、
もしかしたらこの帯付きっていうより、帯が高く売れるかも!
と私がオークションで売ったら、やっぱり顰蹙だよなあ。

この記事のみを表示するぺんぎんちゃんのぼうし

未分類

『しどうほうがく』を読み終わって拍手の中
「時間は・・」と思う前に
「もうじき40分だよ!」と前にいた女の子が教えてくれた。
何故、40分までだと知っている?
「あ、ほんとだ」と私も時計を見ると、1分ほどありそうだ。
短いものならあと1冊読めるかなと思い
「じゃ、最後にこれ!」
と取り出したるは・・・。
653364_l[1]

女の子と父が同時に「は!」とする。
「これ知ってる! 幼稚園でもらった!」
子どもが「もらった」と思うのは当然だけど
もらったんじゃなくてきっと代金は払ってるはずで
だけど月刊絵本って、みんななんとなく幼稚園、保育園のサービスぐらいに
思っている人がいるのが面白い。
と思いながら、偶然の出会いに顔を見合わせて喜んでいる父娘をちらっと見る。
「帽子、川に落ちちゃうんだよね!」
途端に慌てふためく父親。
いやいや、大丈夫ですよ、お父さん。
絵本はたとえ筋を知っていても、暗唱できたとしても
楽しめるものだから。

「絵、猫野ぺすか」
ここで早くもウケる。
ぺすかさん、すごいっす。
名前読んだだけでざわざわさせちゃうなんて!

というわけで、おはなし会レポートはおしまい。

この記事のみを表示するしどうほうがく

未分類

狂言えほん しどうほうがく (講談社の創作絵本)狂言えほん しどうほうがく (講談社の創作絵本)
(2007/08/23)
もとした いづみ・文/青山友美・絵

商品詳細を見る


時計を見ると、あと10分。
ちびっこが多いし、ちょっと長めだけど
どうだろう? これ1冊でおしまいってとこかな?
と思い
『しどうほうがく』を取り出す。

「しどうほうがく」も「狂言」も未知の言葉だけど
「きょうげんえほんっていうのは聞いたことある」
と、とつぶやく3,4歳の男子がいた。

ちょうど今朝、番組でこの本を読みたい
という要請が、版元経由で来た。
ほう、と思い、添付されているものを見て・・・

あんまりラジオを聞かないうちに
世の中のラジオ番組はこんなことになっているのか、な?

いや、もちろん、いいですよ。おおいに読んでください。

番組は「ぷらとぅー」って、どう表記したらいいのかわかんないけど
二人の声優の女の子が「ふたり、きっとやればできる娘です・・・たぶん」
というコンセプト? の元、読み聞かせとかレポートとか
やる番組みたいなんだけど、あ、そうそうTOKYO MXです。

http://www.mxtv.co.jp/pla2u/

おそらくAKBあたりからかな。
これがどうして人気あるのか理解不可能ってことが
増えているような気がする。
「わしにはさっぱりわからん」と首を振る爺さんに
こうやってなっていくんだろうなあ。
あ、婆さんか。でも気分はどっちかっていうと爺さんだ。

おはなし会では、青山友美さんの絵に、
ぐぐぐっと吸い込まれるように見入っているお客さんのパワーを感じつつ読んだ。
「うわあー」と集中して見ている人の視線って
独特のエネルギーを生むような気がする。

この記事のみを表示するすっぽんぽんのすけ

未分類

わずか30分の話を、また随分と勿体つけて
ひっぱってますが、次は『すっぽんぽんのすけ』。

すっぽんぽんのすけ (たんぽぽえほんシリーズ)すっぽんぽんのすけ (たんぽぽえほんシリーズ)
(1999/11)
もとした いづみ・作/荒井良二・絵

商品詳細を見る


これはDVDが出ている。
チルビーシリーズ第一弾のvol.2 ぼくもヒーロー! の巻
に入っている。
まだあるのかなあ? と今調べてみたら
サンプルもあって、どひゃあ~、私の朗読が。

こういうのに、作家が出しゃばるのはみっともない
と主張してきたので「やってみませんか?」と言われたとき
すごい勢いで断った。
とんでもない! やはりプロとシロートは全然違うし
聞き苦しいっすよね、と。
しかしどういうわけか、博多まで収録に行ったのだった。

人生、たまに自分でも不可解な行動をとるものだけど、
今ならそれがとてもよく解る。

チルビードットコムは↓

http://www.chilbie.com/page/?page_id=26#vol2

product_vol2[1]

この記事のみを表示する続 おはなし会

未分類

『ふってきました』は、おかあさんのお誕生日だったので、
今度は・・・と『おたんじょうびのケーキちゃん』。

おたんじょうびのケーキちゃん (みつばちえほんシリーズ)おたんじょうびのケーキちゃん (みつばちえほんシリーズ)
(2011/03/16)

もとしたいづみ作・わたなべあや絵

商品詳細を見る


「わあ、ケーキ!」と、表紙に目が釘付けのお客さんたち。

ここで改めて客層を報告すると
抱っこされている赤ちゃんから、
一番大きくて4,5歳くらいかな。
もちろん大人が同伴なので親がもれなくついているが
お父さんが目立つ。
お母さんより多かった?

スタッフも含めて断然おとなの方が多いのだが
この絵本は、表紙を見せると、子どもだけでなく、
女性も、目がきらきらっとする。

表紙の好感度と糖度の高さは比例するのではないか
と私は思うのだが、どうだろう?

この記事のみを表示するおはなし会

未分類

昨日のつづき。

私の前に、会の方がひとり一冊ずつ読んだ。
直前に『ふってきました』が登場。
とっても素敵な方で、これぞ読み聞かせのお手本!
という読み方だった。
絵本の読み聞かせの世界にはいろんな流派があるようだけど、
「子どもたちと一緒に絵本を楽しむ」スタイルで
ああいいなあと思って後ろで眺めた。

読むことは事前に聞いていたので、ちょっと挑戦的な感じだが
私も『ふってきました』を読んでみた。
絵本は読み手が違うとまったく違ってくるよね、という
ひとつの実験として、私としても初めての読み方をしてみた。
(演じる+めくり方を変えた)

聞き手が小さな子どもなので、え~、さっき読んだじゃん!
ってことはない。
「もっかい! もっかい!」と何度も読まされてうんざり
という経験をお持ちの方はわかると思うけど
子どもって、そういうところもすごい。
いちいち新鮮に受け止めて、そのたび違ういろんなものを吸収しちゃうのだね。

ふってきました (講談社の創作絵本)ふってきました (講談社の創作絵本)
(2007/02/01)
もとした いづみ・作/石井聖岳・絵

商品詳細を見る

この記事のみを表示するあそびが芽を出す おはなし会

未分類

昨日は、たくさんの親子さん(って言い方、変か。患者様、みたいだな)に
ご来場いただき、感謝感激。
東京おもちゃ美術館がそもそも大入り満杯だった。
すごい人気なんだね。ここ。

娘が小さいとき、中野にあった「おもちゃ美術館」は何度も通ったり
一度は中に入ったりしたが、そうかそうか、なくなったと思っていたら
こんなところに移転して、パワーアップしていたのか。

ここは昭和10年に建てられた歴史的建築遺産でもある、
旧四谷第四小学校の校舎をそのまま生かして
中を利用しているミュージアム。
「おもちゃ」の概念を覆す、かなりすごい遊び場だ。
赤ちゃんから大人まで楽しめるけれど、
特にお子さん、いる方! 外遊びはまだまだ心配だし、
ここ、お勧めです!! 木曜日定休。

でもって『あかさたなっちゃんのはつおんえほん』よりコーナーも
フェードアウトしたことだし、そこで読んだ本を
ちびちび紹介していこうと思う。

元図書館、という書棚がいっぱいある部屋にて開催。
何故かここに、とても貴重な英国製のスライド式木馬もある。

まず、まもなくGW。子どもの日があるけれど
そのあとに母の日もある。
母の日って、どんな日? という質問に、
最前列の小さな子が、ものすごく簡潔に要点を即答。

季節限定、母の日の絵本。
マックスがどうしてもあげたいものは…マックスがどうしてもあげたいものは…
(2010/07)
マーサ アレクサンダー、ジェームス ランフォード作
もとしたいづみ訳

商品詳細を見る

この記事のみを表示するいや、待て!

未分類

今、改めてちゃんと東京おもちゃ美術館のHPを見てみたら
ここ、すごく広くていろいろ充実してるんだね。
すごいわ、ここ。
子どもは大喜びだろうなあ。
これなら入場料、安い!

でもこれだけきちんとしたおもちゃの美術館に
わざわざやって来て、お金を払って入館して、
おもちゃに溺れている最中の親子が
はたして絵本の読み聞かせに興味を持つのだろうか?

私が母なら「せっかくお金払って普段は見られない
遊べない玩具がたっくさんある所に来てるんだから、
そんなどこにでもある絵本なんか、今日はいいよ」
と言うだろうなあ。

でも、もしも魔がさして(って言い方があるか?)
ふらっと覗いてみるはめ(はめ、か?)になった方には
わたし、自作絵本を何冊か読もうと思っています。
ちょっとした変化球も企んで、お待ちしております!


この記事のみを表示する入場料!!!!!

未分類


わ。今気が付いたが、
東京おもちゃ美術館のイベント。
イベントに参加するのは無料だけど
入館するのに入場料が必要らしい。
これ、どこにあるんだっけ? とHPで
調べていて、わかった。

入館料
こども 500円  ※2歳以下は無料
おとな 700円 (中学生以上)
ペア券 1000円 (こどもとおとな各1名のペア券)
団 体 一人につき100円引き (15名より)
団体でのご利用はこちらをご参照ください。


なので、途端にどうぞ来てね! とは言えなくなった。

大人700円か。。。
私もちょっとひるむ。(おまえがひるんでどうする!)
うーん。でも中に入らないことには
ゲスト出演できない。
隙を見て、入口を走り抜けるか!
で、捕まって、事務所に連れて行かれてしぶしぶ払うか。

子どものふりをするか? 
2歳以下に化けて無料は無理だろうから。
そうだ、だったら60歳以上の方がずっと楽か。
てかそういう特典はないのか。ううむ。

そういえば前に外来小児科医学会で行われた
待合室に置く絵本についてのパネルセッションに呼ばれたとき
学会入場料の7千円にひるんだことがあった。
だって、みなさん経費で領収書もらって入ってる医療関係者だが
あたしゃ、ただでさえ新幹線に乗って
ノーギャラと知らされてやってきた貧しい主婦だもの。
いや、さすがに払いましたけど。

人生には数々の難関がある。

この記事のみを表示するイベントのお知らせ

未分類


東京おもちゃ美術館 というところで
定期的に行っている「おはなし会」にゲスト出演します。


★第21回 遊びが芽を出す おはなし会(東京おもちゃ美術館おはなし会)☆
 日時:2012年4月22日(日)11 時~
 場所:東京おもちゃ美術館
 時間:11時30分~12時  えほんmeetsおもちゃ (既成のおもちゃと絵本のコラボ)
     13時~13時40分  ゲストコーナー 絵本作家:もとしたいづみさん
     14時~14時40分  えほんの世界と手作りおもちゃ

無料

開催団体:読書の会


4月22日(日) ゲスト 絵本作家・もとしたいづみ さん

雑誌の編集者やライターなどを経て絵本・童話作家、翻訳家になる。
「すっぽんぽんのすけ」シリーズ(鈴木出版)、「狂言えほん」シリーズ、『ふってきました』(ともに講談社)、『がっこういこうぜ!』(岩崎書店)、『おたんじょうびのケーキちゃん』(佼成出版社)、『チョコレータひめ』(教育画劇)『めかくしおに』(ほるぷ出版)。


何故だかリンクできないので・・・
東京おもちゃ美術館は↓
http://goodtoy.org/ttm/

イベントのお知らせは↓
http://goodtoy.org/ttm/event/teiki.html#asome

うーん、どうしてリンクできないのかなあ?
いつから「簡単モード」になってるんだっけ?
これがいかんのかな? 
これを解除すると、広告入っちゃうの? 関係なし?
自問自答。いや、自問のみで自答できず。


この記事のみを表示するあかちゃんライオン

未分類

今まで著作が「重版」されたことを
ブログで書いたことがなかったので
「最近、重版が続いてまんな!」などと
肘で小突かれるのだが(メールなのでそんな気がするだけだけど)
ネタがないので目立つだけで、全然そんなことはない。

ブログの内容を一新し、仕事関係しか書かぬ!
と決めたものの、実際、打ち合わせやら諸々仕事のことは
書いてはならないことが多く、
先日もさっそくお叱りを受けて削除した記事もあり・・・。

そうなるともう新刊が出たときか
重版になったときか、
それこそ滅多にないのだが絶版の知らせが来た
というきっかけで、その本を紹介するくらいになり、
いろいろ書きたいような気配を漂わせながら
本を出して宣伝して終わる。

あーーーーー、つまんない。

でもその縛りの中でどうにか見つけた。

あかちゃんライオン (おはなしボンボン)あかちゃんライオン (おはなしボンボン)
(2004/08)
もとした いづみ作・いちかわなつこ絵

商品詳細を見る


この本の一部がどこかの入塾テストに出題されたらしい。
もちろんご丁寧にも事前にその旨、連絡があり
承諾したのだが、塾のテストが3月だったので
試験の前にここに書くわけにもいかず
伏せていたというか忘れていたというか・・・。
それにしても入塾テストだ。小学生だよ。
たしか1年生。びっくりだ。
私はそのテストで正解できる自信がない。(英文直訳みたいな文章だ)

あかちゃんライオンの「あ」

秋祭りで怪しいアナグマがアヒルの赤ちゃんのあんず飴を
味見したのはあまりにも厚かましい。
(『あかさたなっちゃんのはつおんえほん』より)

この記事のみを表示するバレエだいすき!

未分類

『おばけのバケロン バレエ だいすき!』も
さらに重版決定となる。
ありがとうございました。
おばけのバケロン バレエだいすき! (ポプラちいさなおはなし)おばけのバケロン バレエだいすき! (ポプラちいさなおはなし)
(2011/06/02)
もとしたいづみ

商品詳細を見る

同じシリーズでもキャプションがいろいろなんだな。
これは謎の「他」がなくて、絵のつじむらあゆこさんの名前が入っていない。

バケロンシリーズは、前と後ろの見返しに
それぞれ四コマ漫画を入れている。
いつも本文を渡して、見返しページのことは
ケロっと忘れているのだが
そうだそうだ、四コマ漫画だよ、と思って
すぐにできなかったことがない。
四コマ漫画がこんなにするすると
いくつでもできるとは
自分でも思ってみなかった。
四コマ漫画なんかあまり読んでいないのになあ。

幼年向けなので、「このオチは難しい」とか
「この展開はややこしい」という理由で変更
ということもあるのだけど
これにより、私の頭の中が、
四コマ漫画脳であることを知った。
そんな脳があるのかわからないが。
でもきっとそういう人はけっこういるんじゃないかと思う。

そういえば短歌でも、四コマ漫画のようだと
言われたことがあったような・・・。
四コマ漫画短歌。・・・軽い。

忘れるところだった。
バケロン、バレエの「バ」。

婆さんがバースデーにバッハのバラードを
バイオリンで弾いたが、バンドの伴奏はばらばらだった。
(『あかさたなっちゃんのはつおんえほん』より)

この記事のみを表示するおばけのバケロン

未分類

『おばけのバケロン おばけクッキーをつくろう!』
またまた重版の知らせをもらう桜吹雪の日。

クッキーの「く」。

栗の木で暮らす黒い熊が
くしゃみして首をくねくねさせるのは
草がくすぐったいから。
(『あかさたなっちゃんのはつおんえほん』より)

おばけのバケロン おばけクッキーをつくろう! (ポプラちいさなおはなし)おばけのバケロン おばけクッキーをつくろう! (ポプラちいさなおはなし)
(2009/12)
もとした いづみ、つじむら あゆこ 他

商品詳細を見る


↑アマゾンの、著者の「他」というのは、なに?

今、ちらっと本を開いたら
たまちゃんが仲良しの友達、バケロンの家に泊まりに行き、
お風呂に入ったり、ふたりだけでクッキーを作ったりして
いい香りがしてきて、焼きあがった!
と思ったら、え! と驚く事件が起こって
というお決まりのコースなのに、
なんだかウキウキしてきて、
へえ、この本、面白い!
と、楽しい気分になるのは・・・正常だろうか? 私。

最近、子どものとき大好きだった
『エミールとかるわざ師』を読んだ。
大好きだったことすら忘れていたし、
内容は全く覚えてないし、何ひとつ思い出せなかった。
それはそれで残念だ。
一か所くらい「ああ! ここ!」と思い出す場面があっても
良さそうじゃないか。

話も、古めかしい翻訳も(当時はそう思わなかったろうけど)、
実に愉快で、ときどき「うっほ」などと
ゴリラのように喜びながら読んだ。
名作の児童文学は、やっぱり良いものだなあ。
古い翻訳ものの中の少年少女たちは
「君もそうしたまえ!」とか「これ、おもしろくってよ」などと
話していて、とても頼もしい。

この記事のみを表示するおっとどっこい しゃもじろう

未分類

syamojirou[1]

『おっとどっこいしゃもじろう』の「お」。

大阪のおかみさんが「おせんべいおごるで!」と
大声出すから、押すな押すなの大騒ぎ
(『あかさたなっちゃんのはつおんえほん』より)

いっちゃんこと、市居みかちゃんが
この間、メールで知らせてくれた話と写真が
絵本作家 市居みかの日々のあれこれに紹介されている。
保育園にあるこの絵本が大好きな男の子の話。
嬉しいのお。

市販化されていない絵本をほしがる子どものために
どこかにないかと探すお父さんもええですなあ。

この記事のみを表示する食堂

未分類

『こぶたしょくどう』が、さらに重版
との目出度い知らせが届く春の嵐かな。

こぶたしょくどう (おはなしドロップ)こぶたしょくどう (おはなしドロップ)
(2010/04)
もとした いづみ・作/さいとうしのぶ・絵

商品詳細を見る


「タニタ食堂」も人気だが、「コブタ食堂」も町の人気店。
「いさみ食堂」は私の祖父母の店で、西荻で繁盛していた。
千昌夫がいつも必ずライスカレーを注文していたと聞いた。
カレー粉は、祖父が昔、中村屋で働いていたので、
特別に分けてもらっていた。薄黄色の缶を覚えている。
それをさらに分けてもらっていたので、うちのカレーも
中村屋カリーの味だったのだろうが、よく覚えていない。
でも今の世間一般のカレーよりは黄色かったと記憶する。
は! また余計なことを!

食堂の「し」。

しりとりの試合で車掌さんは「新聞紙」の後に
「試験」と言って、シャンソン歌手にしてやられた。