猫とワタシ

もとしたいづみ は どうした!

作家もとしたいづみ の 働きっぷり

この記事のみを表示するがっこういこうぜ!

未分類

『がっこういこうぜ!』の「が」

学生のガマガエルが学校のガラスをガシャンと割ったが、
ガラガラヘビ先生はガミガミ言わなかった。
(『あかさたなっちゃんのはつおんえほん』より)


がっこういこうぜ! (えほんのぼうけん33)がっこういこうぜ! (えほんのぼうけん33)
(2011/11/30)
もとした いづみ・作
山本孝・絵

商品詳細を見る


『がっこういこうぜ!』がまたもや重版
という嬉しいお知らせが
非常に事務的なハガキによってもたらされた。

前回の発売間もなくの重版は、
担当編集の堀内くんが鼻息も荒く
ヨロコビを隠しきれない声で電話してくれたのだが
もうこの分だと、どんどん重版かかるから
いちいち知らせてらんねーよなって感じ?
ええ?へっへっへ(半笑い)。

山本君から「ばんざーい!」とメールが届く。

今日はまた、ともに絶版の憂き目に遭った
『となえもんくん』
『あかさたなっちゃんのはつおんえほん』
の大沢幸子さんから、悲しみの手紙が届いた。
くるくる開く巻物になっている。
『となえもんくん』シリーズ終了のときも
飛び出すしかけとなえもんくんたちが届き、
感動したものだ。

それから今日は思ってもみない人と
思ってもみないびっくりな出会いがあり、
すっごく面白い話なのだけど
それは絵本関係ではないのでここには書けない。
ああ書きたいけどダメだ。

この記事のみを表示するきょうも

未分類

今日も打ち合わせのあと、ジュンク堂新宿店に寄る。
きょうの「き」。

昨日も今日も木には
奇妙な着物を着た金髪のキツツキが来ていると
茸から聞いた。
(『あかさたなっちゃんのはつおんえほん』より)

空っぽの棚を見ているうち、妙に人恋しい気分になり、
カフェで行われていた人の絵本の打ち合わせに乱入する。
特に親しい人たちではなく、編集者さんとは一度も仕事をしたことがなく、
絵本作家さんに至っては土曜日が初対面だ。
厚かましいにもほどがある。

土曜日、そこで絵本の読み聞かせるするとき
書棚を見ながら「どの本にしようかなあ?」と考え
そうだ! 石井聖岳さんがいるのだから
『ふってきました』を読まなくちゃ!
と選らんだのだったが、私の次に山本孝さんが
『むしプロ』を読んでいるのを見て
「あー! そうだ! 山本君との絵本
『がっこういこうぜ!』も読むべきだった!」

がっこういこうぜ! (えほんのぼうけん33)がっこういこうぜ! (えほんのぼうけん33)
(2011/11/30)
もとした いづみ・作/山本孝・絵

商品詳細を見る

と悔やむ。そして山本君の妻である
青山友美さんの背中を見て
「だったら、友ちゃんとの絵本『しどうほうがく』も
読むのが筋ではないか!」
狂言えほん しどうほうがく (講談社の創作絵本)狂言えほん しどうほうがく (講談社の創作絵本)
(2007/08/23)
もとした いづみ・文/青山友美・絵

商品詳細を見る

と、身もだえした。
有能な若者たちと仕事ができて、私は実に果報者である。

この記事のみを表示するジュンク堂新宿店

未分類

まもなく閉店のジュンク堂新宿店の「じ」。

じっとりしたジャングルを自転車で
十五匹のジンベエザメがじりじり助走する実験。
(『あかさたなっちゃんのはつおんえほん』より)

ここの児童書売り場は担当者がとても熱心かつパワフルで
よくイベントが催されていたが
この間の土曜日がラストのイベントとなってしまった。
胸が締め付けられるような悲しさを携えて
ひやかしがてら石井聖岳さんのワークショップに行く。
ここがなくなってしまうのかと思うと
居ても立ってもいられず、飛び入り。
すっぽんぽんのすけ (たんぽぽえほんシリーズ)すっぽんぽんのすけ (たんぽぽえほんシリーズ)
(1999/11)
もとした いづみ・作/荒井良二・絵

商品詳細を見る

読んだのは、これと、
ふってきました (講談社の創作絵本)ふってきました (講談社の創作絵本)
(2007/02/01)
もとした いづみ・作/石井聖岳・絵

商品詳細を見る

これだけだったが、もうなんだか
20冊でも30冊でも、そこで読んでいたかった。
しかしその日は最後を飾る石井君のワークショップなので遠慮した。

気分としては、もっともっと芝居がかった感じで、
大道芸のような呼び込みや
担当の兼森さんへの謝辞を述べたかったが、
実際、本屋では大きな声は出さないように
という空気が漂っており、控えた。
けど十分に変なおばさんだったとは思う。

『ふってきました』を読んでいるとき、
いちいち笑ってくれる男の子が一番前に座っていて
嬉しかった。
けど、その子は、絵を描いた石井聖岳くんなので
(大丈夫かおまえ)と何度か心の中で呼びかけた。

この記事のみを表示するとなえもんくん くわばらくわばらのまき

未分類

『となえもんくん』なので「と」。

突然、床の間から通りに飛び出した鳥を
とっとと届けて得意な虎。
(『あかさたなっちゃんのはつおんえほん』より)

これはシリーズ3巻のうち真ん中の2巻目。
2巻目が絶版とはいささか辛い。

となえもんくんはまじない師の一人息子。
婆やのイネコさん(まじなイネコ:猫)をお供に、
はるかくわばら山からまんじゃらこ村までやってきて、
ちんぷいまじない道場に入門・・・というお話。

これも大沢幸子さん描くところの、
きりりとしたとなえもんくんや
スキップするいい加減師匠のちんぷい先生が
魅力的な本で、読んでいるとまじないを
どんどん覚えてしまうという便利なシリーズなのだ。

資料を相当読みました。
まじないは本当にたくさんあり、
地域ごと、村落ごとに違う。
なかなか面白い世界である。

となえもんくん くわばらくわばらのまき (どうわがいっぱい)となえもんくん くわばらくわばらのまき (どうわがいっぱい)
(2008/11/07)
もとした いづみ・作/大沢幸子・絵

商品詳細を見る

と、絶版決定の3冊を紹介し終わって気づいたが、
これ、まだアマゾンで購入できるってこと?
じゃないか。中古が出ているみたいだ。

この記事のみを表示する仔犬ダンの物語

未分類

『仔犬ダンの物語』なので「こ」。

懲らしめられて瘤だらけのコアラが
この頃ここでこそこそ行進するのは困ったものだ。
(『あかさたなっちゃんのはつおんえほん』より)

これは実話を元にした本が数冊出版され、
その本をベースにモー娘。出演の映画が製作された。
その映画のノベライゼーションがこの本である。
撮影現場を見学したり、脚本を読んだり、
試写の前段階の映画を観たり(映画公開と同時発売なので
最終的な映画は見なかった)して中学年向け程度の読み物にまとめた。

映像を文章にするのは難しい。
映画でわずか一秒のシーンを文章で表現するには
かなりのページ数を費やす。

なので、どうでもいいシーンや、
重要ではない人物は削りたいところだが
そのどうでもいいシーンや重要ではない人物を
モー娘。の誰かが演じていて、写真も入っているため
削るのはまずい。ということでけっこう難儀をした。

しかし映画とは別に、読み物として長生きできたのは幸いであった。
「泣けた」というお手紙を小学生女子たちから
たくさんもらい、泣きたがっているのか、小学生たちよ
と思ったものだ。
仔犬ダンの物語仔犬ダンの物語
(2002/12/13)
もとした いづみ

商品詳細を見る

この記事のみを表示するあかさたなっちゃんのはつおんえほん

未分類

これはアナウンサー、俳優など
発音を練習する方には是非使ってほしいし
読み聞かせをやっている方には本番前に
放送部では部活に、そしてふつーに子どもたちに読んでほしい
爆笑発音練習声に出してかまずに言えるか絵本だ。

表記は全て平仮名だが一例を出すと

ゼンマイ仕掛けの絶世の美女全員が
ゼッケンつけて前進したら気絶して絶体絶命

これが「ぜ」。
そうだ、しばらく、この中の一文を文頭に出そう。
あかさたな、だけでなく、ざ行やぱ行もあり
しかもその「行」全ての分を織り込んだ絵が
これまたすごい! 大沢幸子さんの絵に抱腹絶倒。
抱腹絶倒絶版!(これも「ぜ」がふたつ)
あかさたなっちゃんの はつおんえほん (講談社の創作絵本)あかさたなっちゃんの はつおんえほん (講談社の創作絵本)
(2006/12/05)
もとした いづみ

商品詳細を見る

この記事のみを表示するぜっぱん!

未分類

ぜっぱん! 威勢のいい響きだが
著者にとっては縁起の悪い言葉である。
かつて雑誌編集者になりたての頃、
隣の部署への問い合わせの電話で
教えられた通り「その本は絶版だそうです」
と言ったら、電話の主が著者だったそうで
あとでえらく怒られたことがあった。
「絶版」は、著者には決して使ってはならぬ用語らしい。
しかも、訊ねても否定したり、言葉を濁らせたり、が多いのだが・・・。

「後高著につきましては、品切れ重版未定
というかたちをとらざるを得なくなってしまいました」
と手紙が来た。
ひとつの封筒に同じ文面が3枚。
それぞれ書名が違う。

丁寧で、私はありがたいと思う。

さて、絶版により貴重本となった。
古書店で高値になるとか、復刊の声が高まるとか
第二の人生を歩んでくれたまえ!(楽観的すぎ?)
の三冊を徐々にご紹介します。

この記事のみを表示するふってきましたね

未分類

ふってきました (講談社の創作絵本)ふってきました
(講談社の創作絵本)

(2007/02/01)

もとした いづみ・作
石井聖岳・絵

商品詳細を見る


本日はこの絵本の重版の知らせが舞い込む。
7刷になるそうな。
改めて、いい絵だなあと思う。

この記事のみを表示する文庫の解説

未分類

続 大きな約束 (大きな約束)続 大きな約束 (大きな約束)
(2012/03/16)
椎名 誠

商品詳細を見る
集英社文庫『続 大きな約束』(椎名誠 著)
が、まもなく発売になる。
先月発売の『大きな約束』と同様、
文庫解説は私、もとしたいづみが書いております。

見本が送られて来た。たぶん初めて公開する椎名さんの顔写真。
全くもって見事な「じいじい」の笑顔。いい写真!
さつえい/風太くん
とある。風太くんとは椎名さんの初孫で、もう6歳ぐらいになったのかしら。

この記事のみを表示するねえ、おきてる?

未分類

ねえ、おきてる?ねえ、おきてる?
(2011/10)
ソフィー ブラックオール作・もとしたいづみ訳

商品詳細を見る

静岡のなんとかかんとかの課題図書になり、重版決定!!
との連絡をもらう。めでたくもありがたい。