>

Articles

くまあやこさんと犬とねこ男子

先日、ウレシカで開催されていた
犬を描くのにくまあやこさん、
猫も描くけどくまあやこさん、
ご本人は犬っぽいと噂のくまあやこさん在廊の
最終日に駆け込んだ。

銅版画とは思えない細かく丁寧な作品に
ばんばん質問をぶつける銅版画家たちがいた。
くまさんは、はいはい、へいへい、と
惜しみなく画法などを披露していて、
とても素直な犬的な波動を感じたので
ウレシカ1階にいる「ねこ男子」(ややこしいな)に
「犬っぽいの、わかった」と伝えた。
「ですよねえ?」

wedfg.jpg

さて、ねこ男子の方だが、何故そう呼ばれているのか
(というか私が呼んでいるんだけど)というと

wgdf5yt.jpg

ははは、笑っちゃうけど、発売中のこの雑誌に
今号の「ねこ男子」として取材を受けているのである。
せっかくなので買った。
読んでみると、うーん、まあなんというか
本人を知っている人は苦笑、というような、
取材者の思い込みが溢れているというか、
キャプションと本文の文章が同じなんですがという部分も含めて
インタビューの難しさというものをひしひしと感じる。

私もインタビューは結構長いことやっていて
でもインタビューは大好きだったんだけど
今読み返したら恥ずかしいかもしれないなあ。

くまあやこさんの個展は終了したが
ウレシカでは現在
山中正大 個展「CAT PLATE」を開催中
2018年 4月12日(木)~4月23日(月)
まだ行ってないんだけど、同時開催の
「やまぐちめぐみ作品集」刊行記念ミニ展
2018年 4月14日(土)~5月6日(日)
も是非とも行かねば。

やまぐちめぐみさん初めての作品集刊行を記念した小さな作品展は
5カ所の会場で同時開催。

bbbfd

『やまぐちめぐみ作品集』
発行:mille books 発売:4/24(会場で先行発売)

とらこのおくりもの

高円寺の えほんとるすばんばんするかいしゃ
で開催中の「 きくちちき個展」に行きました。

開催が延長されましたよ。4/22(日)まで!

14時~20時まで、定休水曜日

KC4D0079.jpg
KC4D0080.jpg

この表紙、懐かしいと思うのは何故だろう?

350_Ehon_117512.jpg

ここの店主は、作品を見ると、ときどき
むらむらっと本を作りたくなるようで
今回もきくちちきさんの手製本絵本
『とらこのおくりもの』が完成したようです。
いい絵本の予感。

道草なひと

KC4D0080.jpg

きくちちきさんの個展を見に行き、
ちきさんの新刊やカードとともに
つい買ってしまった大好きなにしおゆきさんの
陶人形作品集「道草なひと」。
秋に、えほんやるすばんばんするかいしゃで
展示があるらしいので楽しみ。
それにしても固有名詞が平仮名だらけだなあ。

KC4D0020.jpg


efsdfs.jpg sdfrgrgd.jpg

ときどきパッケージがとてもかわいらしい
千秋庵のお菓子。
左の地の柄は大変洒落ているが
透明の袋の下に置いたミナペルホネンのパンフ。
先日の伊勢丹でのイベントでゲットしたもの。
この柄の生地が(私にとっては)べらぼーな金額で販売されていて
でも確かにとてもいいのよねえ。

KC4D0008.jpg

これは長年お世話になっている均整の先生の記事と
そのポスターがついているというので購入した雑誌だが
なんかとても懐かしいレイアウトだ。

KC4D0018.jpg

そのポスターってのがこれなんだけど
お金をかけずに輪ゴムで不調を改善するという内容で
詳しくはこの本に書いてある。

KC4D0081.jpg


フルーツパフェ幻想

樋上公実子さんの『フルーツパフェ逍遥』の第二弾
『フルーツパフェ幻想』(ビーナイス)が3カ所で先行発売している。
田原町の「Readin'Writin'」で油絵の原画展があったので行ってきた。
これらの作品は全てNY個展に行ってしまうので
2日間だけ特別に展示があったのだ。

KC4D0083.jpg

樋上さんの初鉛筆画は活版印刷カード3種となり、
お~~~! いいではないですか!
そして色つきのリソグラフカードは「中野活版印刷店」特製。
写真にあるのは、ぶどうのパフェに一部彩色して切り抜いたカード。

油絵はもう見られないが(いやあ、素晴らしかったですよ!)
是非『フルーツパフェ幻想』を見て
フルーツパーラーゴトーでパフェを堪能してほしい。

「書肆スーベニア」(月・火定休)では5/6まで
鉛筆画全9点を展示している。
同日に行ける距離ではあるのだけど
浅草でひっかかってしまった所があり
(はい、まるごとにっぽんです。全国のおいしいものが
どっさりある建物。あ、その前にもちろんレモンパイにも行きました)
向島へはまた改めて行こうと決意。
フルーツパーラーゴトーの行列が少ない日に。

樋上さんといえば、以前展示会で見たYAMAKA WORKSコラボレーションの食器もほしい!
これです! → 

原画展に行ったとき「あー、来た来た!」と
樋上さんが手を振っているので、急いで行くと
そこには『チョコレータひめ』を持ってきたという
年長さん、年少さんのかわいい姉妹ときれいなお母さんがいて
サイン入れを待っていてくれたのだった。
絵本はカバーを外す主義だそうで
カバーと表紙が全く違うので驚いたとか。

ブックハウスカフェで『チョコレータひめ』を買ってくださったそうで
この絵本は絶版なので、もうあそこにある数冊でおしまいなんですよ
と言うと「え~~! そうなんですか?」と驚いていたけど
そうなんですよ。
ときどき「改めて出しましょう、というところはないんですか?」
と聞かれるのですが、
まだないんですよ。

ヘットラボアトリエム

行きたい展覧会がたくさんあったのだが
ことごとく行きそびれてしまった。

が、どうにか間に合ったものもいくつか。

まずhet Labo atrium(ヘットラボアトリウム)
deux paysages -contemporary jewelry
山本あき 小林初子二人展

山本さんの、イトヨリのウロコで作った作品。
コンテンポラリージュエリーは素材で勝負の時代なのか。
先日ベルリンのシュムック(ドイツ語でジュエリーという意らしい)
というコンテンポラリージュエリー界最大のコンペで展示された
小林初子の話によると、ベルギーの王立アカデミー時代の教授が
昆布を使った作品で選ばれていたというので
ちらりとそんなことを思ったが、わからないながらも
美しい作品であった。

KC4D0078.jpg

帰りのバス停で。緑がきれいな時期ですね。そうですね。

Navigations, etc.

Navigations

プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
絵本『ほしのさんちの おそうじだいさくせん』(つじむらあゆこ絵 ポプラ社)
絵本『ドーナツやさんのおてつだい』(ヨシエ絵 絵本ナビ)
翻訳絵本『あかちゃん新社長がやってきた』(マーラ・フレイジー作 講談社)
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事

管理者ページ


FC2Ad