中学大学高校


昨日は雨の中、がしがしと、まずは中井~落合まで歩き、
そこから東中野を通過して、het labo atrium へ。
平日は15時からなので、迷うことなくさくさくと早めに
近所に到着してしまったので、デニーズに入った。

vvvvvv.jpg

巨峰のフレッシュ&ゼリー。
フレッシュって・・・ゼリーと対等に並んでいるってことは
「生」ってこと?

OBSESSION OF PROCESS
2017/10/6(fri) ~ 10/22(sun)
15:00 - 20:00 (mom-fri) 13:00- 19:00 (sat sun holiday)
OPENING RECEPTION 10/6 18:00〜
*水曜日休館

早く着いちゃったからデニーズに行ってた
と言うと
「やだーコバ! 言ってよー」
「いたのにー」
というオーナー二人は中学の同級生。

この展示、広い空間に、贅沢な展示。
雨の中野区とは別世界だった。

同級生といえばこの間は、大学の同級生たちと
東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会へ。
先輩が常任指揮者なので。
学生時代みんなで歌った「カルミナ・ブラーナ」は
聴いていてくたくたになった。
こんな難しい歌を我々は歌ったのか?

さてその前に中野で(あ、これも中野だった)
ナポリタンとデザートを食べた。

KC4D0040 (2) - コピー

私が撮ったガラケーの写真を見て
「なんで黄色いの?」
という同情から、スマホの写真を送ってもらうことに。

IMG_1608[1] - コピー

IMG_1609[1] - コピー

IMG_1610[1] - コピー

テレビで偶然、Nコンの全国大会の生放送をやっていた。
見れば、私がいた北海道立帯広三条高校合唱部。
40年前(!!!)は、道大会までは行ったなあ。

KC4zzzzlx60.jpg

炊飯器と化け物

KC4D0091.jpg

これも忘れていたかな。
がくしゅうメイトの『すきっぷ』9月号の
おはなしページで、炊飯器のおはなしを書きました。
かまどが出て来るんだけど、絵描きさんにどう説明するかと
編集者さんが、いろいろ資料を集めていたが
絵の石川えりこさんが、まだお若いというのに
「うち、ご飯はかまどで炊いてたから描けますよ」
という頼もしいお言葉。

KC4D0092.jpg

あ、もしかしたらこれも忘れていたろうか?

170714_1306~01

「おはなしひかりのくに」の文章を書きました。
『ばけものがおどるてら』
民話の再話です。夜の景色が美しい。

個展・イベント

KC4D0045 - コピー

たんじさんのTシャツを着てたんじあきこさんの個展へ。

KC4D0048 (2)

たんじさんのモンスターを満喫しました。
サインのイラストがいろいろ。これを選んだ!

KC4Dmnb2e4.jpg

ブックハウスカフェでのイベントに行きました。
まっさんとけいちゃんの絵本ライブ。
イベント開始前の準備は、お二人とも黒いものを着て
いかにもスタッフという感じで動いている。
が、開始時間になると、談笑しながらその場で脱いだり被ったりして
出演者に変身。
一見、夫婦漫才をやりそうな夫婦なんだけど
ふたりの不思議な温度差。面白い。

新刊を買って、サイン会に並んだ。
お勉強させていただきます。(「黒皮の手帖」より)

みんなでいっしょに

KC4mmmm039 (2)

鈴木出版の「こどものくに」たんぽぽ版11月号。
リバイバルなんですが、以前のこれ、まだ持ってる方いるかなあ?
比べてみると面白いですよ。

お参りしやすい駅チカのお寺、というキャッチコピーのある
真言宗豊山派の金剛院に赤門テラスなゆた
とかいうお寺カフェがあるというので行ってみた。

KC4D0036 (2) - コピー

確かに赤門の横にあるカフェだ。

KC4D0029.jpg

玄米お寺ごはん。動物性の食材は出汁といえども使っていなかった。たぶん。

KC4D0032.jpg

KC4D0031 (2) - コピー

KC4D0034.jpg
KC4D0033.jpg

寺ヨガとか、トークライブとか、イベントが盛りだくさんのようだ。

あんみつとクリソ

KC4Djhgg27gr9.jpg

高校時代の同級生が上京して、学生時代にバイトしていた
吉祥寺の虎屋であんみつを食べたい、というので一緒に行った。

私も学生時代、たまーに行っていたし、
子どもが小さい頃も変わらずサンロードにあったので
1階でおだんごを買って、サービスのお茶を飲んだりした。
もうなくなったと思っていたが、2階の喫茶室は残っていた。

器が同じだ!!

喜んだ友人はたまらず、バイトの女子に
「私、北海道から来たんですけど、30年前にここで
アルバイトしてたんです!」
と言った。
しーん。はいでもそうですかでもうんでもすんでもなく
マニュアルにない質問にはどう答えていいかわからないのか。
困っている。
「え? 30年前? もっと前じゃないの?」
「あ、サバ読んじゃった?」
「40年前に近いよ」
という我々の会話の間に、じりじりと下がって行った。

接客業大好きな次女に、こういうとき、どう言う? と聞いたら
「うっわあああ~~。ほんとですかああ!!!!」
といかにも演劇な感じだ。
そこまでびっくりで大感激ってことはないだろうよ。

KC4D00xxzxddi.jpg

この夏「ひよっこ」の影響で何度か食べたクリームソーダの
おそらく今年は食べおさめ。
新宿の古い喫茶店らんぶるで、打ち合わせの折。
早い! 雑だ!
プロフィール

もとしたいづみ

Author:もとしたいづみ
絵本・童話作家やってます。
エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(集英社)
幼年童話『うめちゃんとたらこちゃん』絵・田中六大(講談社)
絵本『せつぶんセブン』絵・ふくだいわお(世界文化社)など

ツイッターは
もとしたいづみ
(@motoshita123)

最新記事
検索フォーム