FC2ブログ

はるのなないろジャム


ウレシカでの南くうくうさんの個展、無事終了しました。
会期中、ライブペニンティングが2回あり、
『ももももてんしのかぞえうた』の担当編集者
アリス館の湯浅さんが何故だかオペラを歌い、
あ、そんなふうに隠し芸大会になるんだったら
私も歌っちゃおうかな〜〜と言いながら
朗読をしました。
『ももももてんしのかぞえうた』ではなく
くうくうさんが書いた物語や絵本を。

この絵本は、いつか「どんなふうに読むか?」大会をやりたい。
頑に読まなかったのはおそらく私の読みは強烈すぎて
それぞれで読むとき、影響が出てしまうのではと危惧したからだ。
いつか開催されるかされないかわからないその大会では
自由に踊ったり痙攣したりダイブしたりしながら
好きなリズムでいろんな声を出す。
参加しない人はどん引きだと思うので
全員参加で円になってぐるぐると何度もやる
ちょっと演劇の表現のワークショップみたいなものか。

と妄想しているうちに、かわいい絵本が出ました。
4月号なので、かなり前に書いたせいで
既に懐かしくさえある。

hyo2019-6.jpg

あ、4月号が早いというのは、発売の前年の秋には
営業がこのサンプルを持ってまわるので
半年前に出来上がっているのが
この手の雑誌の4月号なのです。

憧れの伊藤夏紀さんと仕事ができて嬉しい。

南椌椌 個展


『ももももてんしのかぞえうた』が
12年ぶりの絵本、という「みなみくうくうさん」の個展が
西荻窪に移転して今日でちょうど5年、というめでたい「ウレシカ」で
昨日、3月7日から開催。

今も吉祥寺のカレー屋「まめ蔵」のオーナーであり
幻の名店「諸国空想料理店KUUKUU」のオーナーだった
くうくうさんがいる所は、魔法のようにみるみる人が集まり
いつのまにか食べ物や飲み物が置かれて(ワイン3本は持参したそうですが)
ちょっとした飲食店状態になっている。

通常、個展開催中の人が来てくれた人に「ありがとうございます!」
と歩み寄る光景ではなく、その店のマスター風に
「あ、いらっしゃい!」
という感じ。

ガラス絵のライブペイントが9日(土)の16時から行なわれる。

『ももももてんしのかぞえうた』のダブルサイン本も
どっさり用意して、てぐすね引いてお待ちしておりますので
どうぞ見に来てください。
担当編集者の湯浅嬢が何故か習っているオペラを披露するそうで
初日、リハーサルをしたと聞いております。
えー、だったら私も合唱曲のソロでも歌っちゃおうかしらん。
(いやいや、歌わないのでご安心を)

南椌椌 個展「桃天使さんの方舟」
2019年 3月7日(木)~3月18日(月)
休み(close):12日(火)、13日(水)/営業時間(open):12時~20時

新作絵本『ももももてんしのかぞえうた』(もとしたいづみ文/アリス館)原画の展示
ガラス絵、テラコッタ『雲知桃天使千体像』、絵付け皿・陶の器、
コラージュ、墨による絵とことば、などの展示販売、他
くうくうさんの世界を堪能できる展覧会です。

ガラス絵ライブペインティング
9日(土)16時~、16日(土)16時~
入場無料・予約不要

南椌椌(みなみくうくう)
絵本・造形作家。絵本に『にこちゃん』『くーくーねむりんこ』(アリス館)『モモの絵本』(農文協)、テラコッタ作品集に『桃の楽々』(未知谷)『雲知桃天使千体像』(七月堂)、ガラス絵作品集に『桃天使さん』(未知谷)、『文舟 還暦少年』(私家版)など。アメリカ・韓国など国内外で個展多数。東京・吉祥寺にて「カレー屋まめ蔵」を営む。
kuu-kuu.com

51Cd7nDdnUL_SX403_BO1,204,203,200_

おおあたり!

9784338192378.jpg

幼年童話の新刊です。
絵は山西ゲンイチさん。
小峰書店から絶賛発売中です。

転校生は忍者?!

51xZYgTl5jL._SX372_BO1,204,203,200_

そういえば、12月に発売になったこの本について
書くのを忘れていた。
というのも、パソコンが次々壊れ、今もいつ真っ暗になるかわからない
(この間もそんなパソコンを使っていたけど今は別もの)
スリル満点のブログ更新。

この本は中学年向け童話で
(私が勝手に)テレビドラマ化を想定して書いたので
登場人物は皆それぞれかわいい。
ということになっている。

絵は、お願いすることが大変多い田中六大さん。
何故だろう? 絵描きさんはたいてい編集者さんにお任せなんだが
田中六大さんにお願いしようと思います
と言われることが多い。
中学年向けの童話の絵で、ぷっ! と吹き出すことって
あんまりないように思うが、六大さんの絵は
もう見返しから爆笑だ。
是非手に取っていただきたい。

佼成出版社から絶賛発売中。

新年のご挨拶


お風呂から上がってタオルで体を拭いていると
誰かのお尻が私のお尻をどーん!と押して前のめりになった。
背後で突然、新年のご挨拶が行なわれたのだ。
全裸同士のおばさんが「あけましておめでとうございます」
「今年もどうぞよろしくお願いいたします」などと
丁寧におじぎし合っている、という毎度毎度の
スポーツジムでの光景が繰り広げられている。

「私まだ井沢さんにご挨拶してないのよー」
「井沢さんならさっきお風呂あがったわよ」
「あら、まだ間に合うかしら」
と、びしょ濡れ全裸おばばがドアを開け
もうコートを着込み、マフラーも巻いて
かばんと靴を持った今まさに出ていかんとする井沢さんと見られる人を呼び止め
「あけましておめでとうございます」
「旧年中はお世話になりました」
「今年もどうぞよろしくお願いします」
などと頭を下げあっている。
重装備VS全裸。